Apple、iCloudサービスでGoogle Cloudを利用していた
Image: pio3/Shutterstock.com

Apple、iCloudサービスでGoogle Cloudを利用していた

Samusug(サムスン)とも取引はありますしね。

iCloudなどApple(アップル)が提供するコアサービスのデータは、Appleが運営するデータセンターに保存されているはず…。ええ、私もそう思っていました。しかし海外報道によると、そのデータの一部はGoogle(グーグル)が提供するクラウドサービスにも保存されているというのです。

CNBCが報じたところによると、Appleは以前にAmazon(アマゾン)のクラウドサービスとMicrosoft(マイクロソフト)の「Azure」にデータを保存していたようです。Appleは2017年3月にこの情報を記載していました。

そして最新版となる2018年1月のiOSのセキュリティガイドでは、「暗号化されたファイルはユーザー情報を含まない形で保存されており、その保存先には(Amazonの)S3やGoogle Cloud Platformなど、第3社のストレージサービスが利用される」と修正がくわえられているのです。また、Appleもこのような運用を認めています。

個人的にはデータがしっかり暗号化されていれば、それがAppleのサーバーにあろうとMicrosoftやGoogleのサーバーにあろうと、あまり気にはなりません。でも、もしかしたらそれが嫌だという人もいるかもしれませんね。

一方ハードウェアの視点から見ると、AppleはSamsungから部品を購入してiPhoneを作っているのは周知の事実。そして実はソフトウェア方面においても、Appleは競合他社と協力しているという興味深い報道なのでした。



Image: Shutterstock.com
Source: CNBC via The Verge

(塚本直樹)

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ