Apple Watchの充電ボックス? Appleの新特許が判明

Apple Watchの充電ボックス? Appleの新特許が判明

店舗展示に良さそう?

意外と世に広く浸透しているイメージがあるApple(アップル)のスマートウォッチ「Apple Watch」ですが、その置き場所がいまいち定まらない、という人もいることでしょう。そんな人に役立つかもしれない、「Apple Watchの充電ボックス」の特許出願が公開されました。

ウェアラブル電子デバイスのケース(Case for wearable electronic device)」とタイトルがつけられたこのトッッキョ出願には、Apple Watchのようなスマートウォチの本体部分、そして最大2本のバンドが充電できるケースについて説明されています。本体だけでなく、バンドも充電できるのがポイントですね。

実はApple、Apple Watchに「非侵襲性血糖値計」など、さらなるヘルスケア機能の追加を計画しているとされています。またApple Watchのバンドのはめ込み部分には隠れたポートが存在しており、これらのことから電子的に動作し、充電が必要なバンドが将来的に登場する可能性は十分ありそうです。さらに、Apple Watchの将来的な機能拡張を見越したような商標出願も見つかっています。

イラストに登場しているバンドはシリコン製のバンドのようですが、説明文ではそれに限らず金属製のバンドや、サイズ・幅・厚さの違うバンドも収容可能だとされています。もし電子的な機能を搭載した新型バンドが多少分厚かったとしても、このケースなら収納可能でしょう。

もちろんいつものように、テック企業が特許を出願したからといって、それが製品化に結びつくかどうかは不明です。個人的には、この特許はストアでの展示用機材として役立ちそうだと思いました。


Image: USPTO
Source: Apple Insider

(塚本直樹)

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ