新しいともだち? ダチョウの脚型ロボ「CASSIE」がボストン・ダイナミクスの犬型ロボ「Spot」と初対面でダンス

  • 11,987

  • author 岡本玄介
新しいともだち? ダチョウの脚型ロボ「CASSIE」がボストン・ダイナミクスの犬型ロボ「Spot」と初対面でダンス
Image: Agility Robotics/YouTube

出逢えた奇跡に喜びを隠せない2体。

二足歩行型ロボといえば、ボストン・ダイナミクスのATLAS君はご存知かもしれません。ですが、オレゴン州立大学にあるアジリティー・ロボティクスもまた、負けじと二足歩行型ロボを制作しているんです。

ただし、二足歩行といっても人型ではなく、ダチョウの脚を模したロボット。名前はまるで女の子のようなCASSIE(キャシー)です。それで、CASSIEがボストン・ダイナミクスの犬型ロボット「Spot」と出会ったときの様子が……なんとも微笑ましいんですよ。

Video: Agility Robotics/YouTube

これは喜びの舞なのか求愛行動なのか? 研究所育ちのロボットは、なかなか似た境遇の仲間に会う機会がありませんからね。

この出会いは、Android OSの発明者であるアンディー・ルービンが創設した「新しいタイプの会社」Playground Globalで起きました。ここはハードウェア系のスタートアップ企業に投資するベンチャーキャピタルであり、インキュベーターでありコンサルタントでもある会社。そこへ双方が愛ロボットをお散歩に連れてきていたのです。

アジリティーの中の人は、この出会いについてこんなツイートをしています。

いつでも自分のところのロボットを連れてPlaygroundにお邪魔すると、新しい友だちができるかもしれませんよ

開発者同士だけでなく、ロボット同士も繋がりができちゃうんですね。もしご自宅に開発中のロボットがいれば、一度連れて行ってみては?


Image: YouTube
Source: YouTube, Twitter, Agility Robotics via Laughing Squid
Reference: WIRED

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by