「男性のうつ病」と「女性のうつ病」の間には、遺伝子レベルでちがいがある

  • 13,013

  • author たもり
「男性のうつ病」と「女性のうつ病」の間には、遺伝子レベルでちがいがある
人間の脳の配線図 Image: NIH

単一のうつ病遺伝子というものはないかもしれませんが、私たちの遺伝子構造がうつ病にかかるか否かの重要な要因であることは間違いありません。そして、そういった遺伝子がどう発現するかは性別によって変わると判明しました。大うつ病性障害と診断された男性と女性とでは、同じ遺伝子が逆方向の変異を示していました。つまり、うつ病の土台となる分子は男性と女性において異なるかもしれないのです。

先週「Biological Psychiatry」に発表された、最新の死後脳研究はそのように論じています。もし男女で異なるタイプの治療が必要であると判明すれば、この研究は将来、もっと効果的なうつ病治療へつながるかもしれません。

その結論に達するにあたり、ピッツバーグ大学とトロント大学附属中毒および精神保健センターの研究員たちは大うつ病性障害だった男性26人、女性24人の計50人の死後脳組織における遺伝子発現レベルを分析(データは公開されていた複数のデータセットから集められました)。さらに彼らはうつ病と診断されていない男女50人の死後脳組織も調べました。遺伝子発現レベルとは、各遺伝子が合成する特定のタンパク質量の指標のことです(編注:遺伝子発現とは、具体的に言えば遺伝子情報に基づいてタンパク質が合成されること)。

うつ病の女性においてはシナプスに影響する遺伝子で発現が増加していました。つまり、細胞間への電気信号の伝わり方に影響を与える遺伝子が多くのタンパク質を合成していたということを発見したのです。男性においては、その同じ遺伝子で発現の低下がみられました。変化した発現を持つ他の遺伝子では、男性のみあるいは女性のみにおいて特定の変化が起きていたのです。うつ病の男性に見られる差異的に発現した706の遺伝子とうつ病の女性に見られる差異的に発現した882の遺伝子のうち、52の遺伝子は発現において男女間で真逆の変化を示しました。どちらの性別においても同じように変化した遺伝子はたった21個でした。

この研究では、情動をつかさどる脳の3つの領域──背外側前頭前皮質、前帯状皮質膝下部そして扁桃体基底外側部での遺伝子発現のメタ分析が行われました。彼らは結論を支えるべく大うつ病性障害を患う男女の小規模なデータセットも調べ、似たような結果を見つけています。この結論をさらに実証するには、生身の患者における研究を含むもっと多くの調査が必要となるでしょう。

2つの理由から、この研究は意義深いと言えます。まずは、男女におけるうつ病の相反する病状を初めて示唆するものであり、ゆくゆくはうつ病の治療法に影響を及ぼし得ること。うつ病は脳の異なる領域で起きる複雑な病気であり、その神経学と遺伝学へのさらなる理解は病状に合ったもっと効果的なうつ病治療へとつながるかもしれません。

ですが、同研究は科学的研究における多様性も必要だと強調しています。大うつ病性障害の影響を受ける女性の数は、男性の倍です。さらに女性の方がうつと共に体重増加といった症状を経験する可能性が高く、作用する生物学的メカニズムが異なるかもしれないことを示唆しています。しかし多くのうつ病研究が男性のみを調査しており、両方の性別を調べるものもその結果の報告時に、必ずしも性別で区別しているわけではないのです。

遺伝学はいかに私たちが似通っているかという点を示唆すると同時に、互いの違いを理解し受け入れることから得られることの多さをも浮き彫りにしています。



Image: NIH
Source: Wired, Biological Psychiatry

Kristen V. Brown - Gizmodo US[原文
(たもり)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ