彼女に日本刀でメッタ刺しにされた男性、なぜか超穏やかでいいヤツ。

  • 53,233

  • author 岩田リョウコ
彼女に日本刀でメッタ刺しにされた男性、なぜか超穏やかでいいヤツ。
Image: Gettyimages

エクストリームな彼氏、彼女!

仕事から帰って来てヘトヘトになってベッドに倒れ込む男。意識を失うように爆睡しています。しばらくして男は違和感を感じて目を覚ますと、同棲相手が馬乗りになって日本刀であなたをメッタ刺し...。これ、サイコ映画のシーンでもなんでもないんです。こんな嘘みたいなことがワシントン州に住むAlex Lovellさんに実際に起こったのです。当のLovellさんはと言うと、なぜかめちゃめちゃ冷静にこの状況を対処したおかげで、重傷を負いながらも生き伸びています

Lovellさんは「彼女の本気の目を見て、クソびびったよ!」と刺された本人とは思えないコメント。指を3本失いかけ、体中にめった切りの傷を負いながらも生き延びられたのは、Lovellさんが格闘技を過去に習っていたから。

ずっとこういうことが起こるかもしれないって準備していたんだ」とLovellさん。「中国武術のおかげで助かったよ。侍気取りのクレイジー憎悪の塊オンナをやっつけられて誇りに思うよ」と語っています。ちょっとLovellさん、一応、自分の彼女なのに...。

侍気取りのクレイジーオンナと呼ばれた彼女はEmily Javierさん。Lovellさんのテレビゲーム中毒にずっと我慢できなかったとのことです。Lovellさんは1日に12〜13時間もバトルロイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』に熱中するゲーム狂。しかし日本刀で彼を刺すまでエスカレートした理由は、彼のスマホにデートアプリのTinderを見つけ、さらには2人が住むアパートのシャワーに赤い髪の毛があったこと。Javierさんの髪の毛は緑色なんですよね。

これにキレたJavierさんはショッピングモールへ行き、日本刀と2本のナイフを購入。ナイフをベッドの横に貼り付けて好機をうかがい、Lovellさんの寝込みを襲ったということです。

その後、Lovellさんがぐったりとして「死んでしまったのかも?」と不安になったJavierさんは、緊急通報ダイヤルに電話。警察と救急が駆けつけ、血が飛び散った壁と床に丸くなってうずくまっているLovellさんを発見しました。

LovellさんはOregon Liveの取材に対して「彼女と全然一緒に過ごしてなかったからなぁ。でもこんなことになるとは思ってなかった。まぁでも理解はできる。他の女に俺を取られたくなかったからだって。それで日本刀ってわけだ」と語っています。

こんなひどいことをされたLovellさんですが、第1級殺人未遂容疑に対して無罪を申し立てている彼女(元彼女というのが正しいんでしょうか)のことを「すぐに緊急ダイヤルに電話して俺の命を救ってくれたわけだし、そこは考慮してあげてほしいな。めちゃめちゃな感じになっちゃったけど、たぶん彼女にはちゃんとした助けが必要なんだと思うよ」と殺されかけた人とは思えない神コメントをしています。

こんな発言をしているLovellさんですが、6ヶ月間歩けない重傷で、手の機能が完全に戻るまで理学療法を受け続けなければなりません。いくら本人が穏やかに「しょうがないよ」って言っても、テレビゲームの夢中で全然相手にしてくれないからって、メッタ刺しってやっぱりダメでしょ

戦いに素手で勝った時は最高の気分だったよ。いろんなスポーツを経験してきて、大きな試合でも勝ったり、スノーボードで大技を決めたこともあった。でもそれよりずっと最高な気分だよ」とLovellさん。彼女もやりすぎですけど、Lovellさんもだいぶキてますね。



Image: Gettyimages
Source: Oregon LiveThe Washington Post

Sam Rutherford - Gizmodo US[原文
(岩田リョウコ)

あわせて読みたい

powered by