新型「iPad」は去年のモデルから何が進化したの?

  • 108,736

  • author 山本勇磨
新型「iPad」は去年のモデルから何が進化したの?
Image: Apple

この色味はこのiPadにしかナッシング。

3月28日0時から行なわれたApple(アップル)の発表イベントにて、新型iPad(第6世代)が発表されました。細かな仕様や価格は以下の記事にゆずるとして、この記事では2017年のiPad(第5世代)から何が変わったのかをまとめます(変わって欲しかったけど変わらなかったところも含む)。

新iPadは3万7800円から、1番高いモデルは6万3800円

Apple Storeにて、すでに購入できます! 9.7インチでApple Pencil対応、A10 Fushionチップ搭載の新iPad。日本で...

https://www.gizmodo.jp/2018/03/ipad2018_price.html

Apple Pencilに対応

今回の発表イベントは「教育」にフォーカスした内容となり、そのなかでiPadが発表されました。つまりこれは教育現場用のiPadというわけです。であれば文字を書くスタイラスが必要になるわけで、iPad 第6世代では新たにApple Pencilに対応しました

プロセッサがA9からA10へ

iPad 第5世代はiPhone 6sと同じA9プロセッサでしたが、第6世代にはiPhone 7と同じA10 Fusionプロセッサが搭載されました。FusionというのはA10から採用されたサイドネーム的なものなので気にしなくて大丈夫です。

Appleによると、A10 Fusionにより「これまでより40%速いCPU性能50%速いグラフィックス性能を提供」するとのこと。

大きさ・重さは変わらず

iPad 第5世代は、iPad Air 2の後継モデルでありながらも、iPad Air 2と比べて本体が厚く・重くなりました。今回の第6世代も、第5世代からそのサイズは変わっていません。また第5世代と同様に、ディスプレイのフルラミネーション加工と反射防止加工もありません

iPad 第6世代

・本体厚み:7.5mm

・本体重量(Wi-Fiモデル):469g
(Wi-Fi Cellularモデル):478g

・フルラミネーションディスプレイ
なし

・反射防止コーティング
なし

・ストレージ
32GB, 128GB

価格も変わらず…

今回のiPadは299ドル/3万5800円(税別)から販売されます。ただしこれは、教職員が学生など、一部の人のみが対象。一般のユーザーは、第5世代のiPadと同じ329ドル/3万7800円 (税別)で購入することになります。ちなみにディスカウント対象の方はApple Pencilも1,000円ディスカウントの9,800円(税別)で購入できます。

新型iPadの学生・教職員向け価格やiCloudの無料ストレージ容量200GBって誰が対象なの?

学生さんならマストですよ!本日発表された「新型iPad」は一般向け価格が3万7800円(以下すべて税別)、学生や教職員むけ価格が3万5800円で予...

https://www.gizmodo.jp/2018/03/apple-education-price.html

「ゴールド」の色味が若干変わる

ゴールドカラーの色味が若干変わり、iPhone 8と同じようなブロンズっぽい金色になりました。

180328_ipad_gen5_gen6
Image: Apple
左:iPad 第5世代/右:iPad 第6世代

まだ実機での比較は見れていないのですが、iPhone 7からiPhone 8になったときのような違いがあるのではないでしょうか?

170922_iphone8_color_compare_1
Photo: ギズモード・ジャパン
左から、iPhone 7 Plusゴールド、iPhone 8 Plusゴールド、iPhone 7 Plusローズゴールド



変わったところはこれくらいでした。あとは基本的に第5世代と同じと思っていただいて大丈夫です。

はたして、液晶面とディスプレイガラスに少し隙間があるフルラミネーション加工なしのiPadに対して、Apple Pencilの書き心地は良いのか?など、使ってみて調べたいことが多い新製品です。とはいえApple Pencilが使えるようになっただけでもコスパは高く、これまでApple Pencilを使いたいがためにiPad Proを購入していた方は、これに乗り換えるのも十分アリですね。

オンラインストアでは今日から予約可能。最短で3月30日に届きます。


Photo: ギズモード・ジャパン
Image: Apple
Source: Apple

(山本勇磨)

こちらもおすすめ