ビンテージルックな最先端。ダメージジーンズは、レーザーで作る時代へ

ビンテージルックな最先端。ダメージジーンズは、レーザーで作る時代へ

一般化すれば、お店で、購入時に好きなダメージデザインできるサービスが生まれる可能性も…?

ジーンズは奥が深いです。普通のお洋服と違って、着古したものにも味があります。破れても汚れても、ジーンズの持つ個性としてファッションで受け入れられるからです。ダメージ加工を施した新品、ダメージジーンズがあることからも、その人気がよくわかります。DIYダメージジーンズをやったことがある人もいるでしょうが、加工でうまく味をだすにはそれ相当のセンスと手間がいるのです。

リーバイスが取り組んでいるのは、まさにダメージジーンズ加工の最先端Project F.L.X.。ダメージ加工にレーザー技術を導入することで、工程数も薬品の使用も減らすことができる上に、加工時間まで短くすることができます。ダメージ加工に必要な時間は、従来の8から12分から、たった90秒ほどとその変化は劇的。動画を見るとわかりますが、レーザーでジーンズ全面を一気に加工するといっても、そこはリーバイス。リアルさへの追求にこだわります。ビンテージジーンズを撮影し、そのナチュラルなダメージを参考に加工をデザインします。

Video: Levi's®/YouTube

まだ、今はいちプロジェクトの段階ですが、レーザー技術は、近い将来ダメージジーンズ生産の大きな担い手となるかもしれませんね。



Image: YouTube
Video: YouTube
Source: Digital Trends

(そうこ)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ