スマートウォッチはもう時代遅れ? Leap Motionの「バーチャルウェラブル」が完全に未来にいっちゃってる

  • 30,961

  • author 西谷茂リチャード
  • 編集部
スマートウォッチはもう時代遅れ? Leap Motionの「バーチャルウェラブル」が完全に未来にいっちゃってる
Image: Keiichi Matsuda/Twitter

これCGじゃないんです(多分)。

SF作品でよくある「手でホログラムを操る」系のガジェットが、いよいよAR(拡張現実)技術を通じて実現されつつあります。その名も「バーチャルウェアラブル」Leap MotionKeiichi Matsudaさんが動画を公開しているので、まずはご覧ください。

おぉぉ… 手の平をぱっと顔に向けるとバーチャルウェアラブル(以下VW)が現れ、もう片方の手でそれを操れる。しかも手の動きに合わせてスムーズに動くので、まるでそこに「本物」のホログラムがあるかのように見えます。逆にVWが手で隠れて見えないはずの時は、VWがスッと消える。これはリアルですね。

こちらのキューブを操っている動画も凄まじいですよ。

このような瞬時に反応するAR映像を視界に映すには、少なくとも3つの高度な(早くて正確な)技術が必要です。リアルタイムトラッキング、リアルタイム映像生成、そしてリアルタイムARディスプレイ。

Leap MotionのVR用キットのデモ映像
Video: Leap Motion/YouTube

そのうちのリアルタイムトラッキング(瞬間的に手の位置を測定する技術)とリアルタイム映像生成(手の位置のデータに合わせたAR映像を瞬時に描き出す技術)はLeap Motionが得意とする分野なので大して驚きはしませんが…

この謎のリアルタイムARディスプレイはなんですか!?

カメラが移動しても手に被せてあるAR映像の表示が崩れないどころかズレもしないなんて、こんなの見たことありません。今までだと透過型ARグラスのLumusが一番近いかもしれませが、アイ(目)トラッキングして映像を補正、とまではいっていなかったですし、ポータブルでもありませんでした。

今回のARディスプレイがゴーグル・グラス形状なのか、そしてそれがポータブルどうかは確定していませんが、映像に写っている作業デスクの右側に「Prophet Sport Li-Po」というバッテリー充電器があるので、もしかしたらこれはLeap Motion新開発のポータブルで高性能なARゴーグル・グラスなのかも

そしてこのままうまく行けば…

このように進化し、

VWの動画を公開した人と同じ作者
Video: Keiichi Matsuda/YouTube

これに近い体験が可能になるのかもしれません(刺されるのは嫌だけど)。

今回のLeap Motionといい、Magic Leapといい、社名にLeapをつけると未来に行けるんですかね。


Image: Twitter
Source: Twitter

(GizLeap編集部, 西谷茂リチャード)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ