LUMIX G9 PROレビュー:動体撮影には最高のカメラ。ただし重い

  • 24,986

  • author ささきたかし
LUMIX G9 PROレビュー:動体撮影には最高のカメラ。ただし重い
Photo: ささきたかし

連写性能&高速AFのスピードスター。

パナソニックの「LUMIX G9 PRO」を1カ月ほど触ってみました。動画のGH5Sに並ぶ、静止画のフラッグシップモデルだけあり、マイクロフォーサーズのミラーレス一眼カメラの中でもトップクラスのスペックです。

ただ、最初にこのカメラを持った印象は、「マイクロフォーサーズのミラーレスカメラの割には重すぎる」ということでした。本体のみで約586gもあります。ソニーのフラッグシップフルサイズミラーレス機の「α9」は約588gですから、たったの2gしか変わりません。多くの人を驚かせた「スタンダード」ミラーレスカメラのソニーα7IIIは約565gなので、G9 PROよりも軽いんです。正直手に持った瞬間は、想像以上の重さと大きさにがっかりしました。

でも、1カ月ほど使い続けるうちに、その印象はまったく逆のものとなりました。GH5Sの評判に隠れているけれど、「G9 PROは相当良く出来たカメラだ」と。

P1060378
Photo: ささきたかし

まずG9 PROの特長といえば、連写性能です。AF固定で秒間約60コマという速度はマシンガンなんてスピードではありません。ショットガンの感覚に近いです。

先日会社でミット打ちをしていた2人をキャッチ。ハイキックがミットに当たった瞬間をバッチリおさえています。秒間60コマといえば、動画の中から画像を切り出すようなものです。60枚の写真の中からベストショットを選べる安心感は貴重です。AF追従でも秒間約20コマで、ソニーのモンスターミラーレスカメラのα9と同じです。連続撮影時の書き込みには少し時間はかかりますが、書き込み中も続けて撮影できるので、常にシャッターチャンスを逃さずにいられます。

AFスピードは、レンズ交換式デジタルカメラで世界最速の約0.04秒。迷いなく、直球で被写体にフォーカスする気持ちよさは格別。ぜひ体感してほしいです。とはいえ、最近はAF速度が約0.05秒のカメラも多いので、そういった機種と比べても明らかな変化は感じにくいです。たったの0.01秒の差を感じられるほどの繊細さは、ぼくにはありませんでした。

P1060446
Photo: ささきたかし
手持ちでシャッタースピード1/15に設定して撮影

暗い場所での撮影で役立ったのが、6.5段分あるボディ内手ブレ補正です。特に夜間の撮影時、シャッタースピードが稼げないときには重宝しました。実感値として、50mmほどのズームで、シャッタースピードを1/15秒稼げれば、手振れはほとんど見られませんでした。ネット上ではシャッタースピード1秒でも手振れしないという猛者がいるほどです(1秒で試してみましたが、ぼくにはできませんでした)。このおかげで、ノイズがでないようISO感度をできるだけ下げて撮影できるのは、かなりの強みです。

20180316gizmodo_lumixg9pro_3B0A9995
Photo: ささきたかし

そして、USB充電に対応しているのも、使っていてよかったことの一つです。G9 PROのバッテリー容量は「大満足」とまではいえませんが、モバイルバッテリーで充電が可能なのは安心感があります。充電したままでも撮影できるので、旅先でも心強いです。

20180319gizmodo_lumix_g9pro_3B0A0046
Photo: ささきたかし

アイカップのサイズも大きく、メガネを掛けていてもファインダーがのぞきやすいです。メガネを掛けているとファインダーの下部が見えにくいことがよくあるのですが、G9 PROの場合は一回もありませんでした。

20180319gizmodo_lumix_g9pro_3B0A0005
Photo: ささきたかし

一点不満を言うとするならば、ボタンの配置です。動画の撮影ボタンが露出ボタンの近くに配置されており、大きさ、形もほとんど同じなため、押し間違いが発生しやすいです。撮影中に露出の設定を変えるつもりが、押し間違えていて、いつのまにかビデオグラファーになっていることが多々ありました。

たしかに4K 60fpsの撮影できる、動画に強いカメラではありますけども。シャッターチャンスを逃して悔しい思いをしたのは確かです。

20180319gizmodo_lumix_g9pro_3B0A0035
Photo: ささきたかし

最初に触ったときの印象から良い意味で裏切られました。 無意味に重くなったわけではなく、高い性能を詰め込んだ結果だったと。

動体撮影でいえば、現時点で最高クラスのカメラです(「クラス」と歯切れの悪い言葉を使うのは、α9の存在があるから)。動きの多い被写体を撮影する機会が多いのであれば、ぜひとも触ってほしいところ。しかもα9の半分以下の約20万円という価格で手に入るのですから。レンズのことも考えれば、マイクロフォーサーズのレンズはフルサイズのレンズに比べて安いので、その後もコストを低く抑えられます。

ただし、カフェでおしゃれなご飯の写真を撮ったり、インスタ映えする景色を撮影したりと、普段から気軽に持ち歩きたいのであれば、G9 PROは最適な選択とはいえません。最初に書いたとおり、ソニーの「スタンダード」フルサイズミラーレスカメラα7IIIよりも重いのですから。


Photo: ささきたかし

(ささきたかし)

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ