望遠MAXでも手振れの心配なし。「LUMIX TX2」の光学15倍ズームは伊達じゃない #CPplus
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

望遠MAXでも手振れの心配なし。「LUMIX TX2」の光学15倍ズームは伊達じゃない #CPplus

寄れるし伸びる。

コンパクトサイズながら、広角24mm〜望遠360mmの光学15倍ズームを搭載したパナソニック「TX2」。

とはいえ気になるのは、「そんな高倍率ズームで手持ちの撮影はできるの?」ってことです。高倍率ズームはついてるけど、撮ってみたらブレブレだったなんて悲しすぎます。TXのコンセプトが「旅カメラ」ですし、ぜひとも三脚を使わずに使えたらいいなと。三脚重いもん。

ということで見てきましたよ、TX2の実力とやらを!

20180301gizmodo_cp2018_tx2_IMG_8946
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

コンデジとはいえ、ズームしたときの様子はインパクト大です。ということで、広角側から望遠にする様子がこちら。

180301_cpplus_1
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

にょーんと。

スタッフの方に手伝ってもらったのですが、持ちにくい姿勢だったため、少々ブレを感じるかもしれません。ただ、実際自分でファインダーを覗いてズームしてみると、ほんとに手ブレが気にならなかったんですよね。

望遠MAXの状態で何枚か撮ってみましたが、かなりしっかりと手ぶれ補正が効いています。狙ったところにビタッと止まる感じ。液晶上でみたところ、ブレているものは確認できませんでした。完全に手持ちで使えるレベルです。

20180301gizmodo_cp2018_tx2_IMG_8955
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

手ブレに強いのは光学式手ぶれ補正以外にも、デザインの影響がありそう。特に前面のグリップは、そこまで出っ張りがあるわけではないですが、指が引っかかりやすいです。

20180301gizmodo_cp2018_tx2_IMG_8924
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

こちらは背面にある親指のグリップ。コンデジって小さくて持ちにくさを感じることが多いですが、親指のグリップで相当フィット感を得られている印象です。

前面と合わせた2つのグリップにより、カメラを構えたときにしっくりきます。

20180301gizmodo_cp2018_tx2_IMG_8970
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

ちなみに、望遠だけでなく、マクロ撮影もかなり優秀。広角側で3cm、望遠側で1mまで寄れます。

TX2は、近いところから遠いところまで撮れるカメラでした。こう見るとコンデジも着々と進化しているんですね。

TX2フォトギャラリー

20180301gizmodo_cp2018_tx2_IMG_8913
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

グリップの赤いラインが特徴的なデザイン。重さは約340gで、実際持ってみても軽いです。

20180301gizmodo_cp2018_tx2_IMG_8919
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

電子ビューファインダーを搭載しています。覗いてみた感じは、ちょっとぼんやりしている印象。

20180301gizmodo_cp2018_tx2_IMG_8928
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

ボディ上部には、モードダイヤルとズームレバーが付いています。

Photo: ギズモード・ジャパン編集部
Source: Panasonic

(ささきたかし)

こちらもおすすめ