AR越しにプロトタイプを3Dプリントさせるロボット・アーム「RoMA」

  • author 岡本玄介
AR越しにプロトタイプを3Dプリントさせるロボット・アーム「RoMA」
Image: Huaishu Peng/YouTube

ロボットなのに、人が操ることで不器用に?

ロボティック・モデリング・アシスタントの「RoMA」。これはARで操作するCADエディターと、ロボット・アームによる3Dプリンターで、MITとコーネル大学が手早く正確に、手作業でプロトタイプを試作するツールとして共同研究を進めている技術です。

なんだか、VR空間で縦横無尽にお絵描きする『Tilt Brush』が現実世界にやってきたかのようですが、そのお手並みやいかに?

Video: Huaishu Peng/YouTube

アームは使用者の動きをまったく同じようにトレースし、3Dペンで立体的なオブジェクトを宙に描いていきます。ユニークなのは、ユーザーが直接手に3Dペンを持つのでなく、一度仮想世界へ没入してから、ロボットによる作業が現実世界で行われるという…なんとも遠回りでまどろっこしい点。

見たところまだまだ改良の余地があるようですが…これがもっと実用的になったら、遠隔操作や、アクションを保存して何度でも自動で3Dオブジェクトを創り出したりと、利用の幅が大きく広がりそうな気がします。

今後どのような活躍を見せるのでしょうか? 楽しみですね。



Image: YouTube
Source: YouTube via designboom

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by