CP+ 2018に来た編集部員・ライターが欲しくなった製品まとめ #CPplus

    CP+ 2018に来た編集部員・ライターが欲しくなった製品まとめ #CPplus
    Photo: ヤマダユウス型, 武者良太, 照沼健太

    そうですよね。

    本日3月1日から開催されているカメラ機器の祭典CP+。ギズモードでは注目のカメラを中心にレポートしてまいりましたが、今日CP+に出向いた編集部員とライターたちは、結局どの製品が一番欲しくなったのでしょう?

    ライター 武者良太:ソニー α7 III

    180301_the_camera_we_want_most_in_cpplus_1
    Photo: 武者良太

    なんスカ。スタンダードモデルなのに尖って見えるってどういうことスカ。ボディ内手ぶれ補正力UP、高感度性能UP、AF性能UP、連写性能UP。すごいよα7 IIIさん。ナチュラルなのにゴージャスすぎる。

    思えばα7R IIIを使ったときからヤバかった。「悲しいけれどこれ老眼なのよね」とピーキングの重要性に気がついてしまったし、瞳AFの使いやすさにもぐぬぬした。でもボディ30万はない。いちライターがそんな贅沢品を買っちゃダメ。ああよかったよかった。

    でもα7 IIIは現実的です。超高解像なセンサーは不要と考えていた僕にとって、ウェルバランス。暗い場所での撮影はまだしていないので、高感度ノイズの消し方が気になるけど、スペックを見るにここの品質も高めてきているはず。

    グリップエクステンションが使えることもわかったし、シグマもフルサイズEマウントに乗り出してきたし、EマウントってAF使えるキヤノン・ニコン用マウントアダプタあるし。画面下に出てきた選択肢枠、「告白する」「告白する」「告白する」なんだけど、どうしろと。半年くらいはチラ見して20万を切るまで待ちたいところだけど、我慢できないかもしんない。

    ライター ヤマダユウス型:MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5

    180301_the_camera_we_want_most_in_cpplus_4
    Photo: ヤマダユウス型

    仕事用や普段使いに易いかどうかは別とし、「自分的に間違いないレンズ」みたいなのが欲しいなと常々思ってまして。コシナブースにて参考出展されていた「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」を見たときは、その造形的美しさにラブずっきゅんし、スペック抜きにモノとして欲しいと思ったんです。場所を選ぶとか、マクロであるとか、そういうのは別。モノ自体へのダイレクトな愛着って、その行為そのものを楽しくしてくれる気がするんです。しません?(という物欲正当化)。

    で、このレンズをα7 IIIに乗っければ完璧、と。

    ライター 照沼健太:ソニー RX0

    180301_the_camera_we_want_most_in_cpplus_5
    Photo: 照沼健太

    今回記事にも書いた通り、もともと気になっていたカメラということもありますが、実物は思ったよりも堅牢かつ高級感がありブツとしての魅力が強かったです。それと小さすぎて文字が見にくい液晶が逆にフェティッシュ。初代iPod nanoとかゲームボーイミクロを思い出しましたね。

    そしてCP+のようなイベントって、量販店で実機に触れるよりもメーカーの意図した世界観や機能性が伝わるのが魅力だと思うのですが、この「RX0」に関しては、いまいちソニー自体も「こう使うカメラ」というのが分かっていない感じがして、そこがエキサイティングだと感じました。

    編集部員 佐々木:ソニー α7 III

    180301_the_camera_we_want_most_in_cpplus_2
    Photo: 武者良太

    そしてソニーは星になった。

    ミラーレスカメラの性能がデジタル一眼と遜色ないレベルまで来てしまいました。ハイエンドなミラーレスが、ではなく、「ベーシック」なミラーレスカメラで、です。価格も中級機のデジタル一眼クラスの約20万円。

    バッテリーの弱点も克服しているし、連写性能高いし、AFの吸い付きもすごい。ソニーは、ミラーレスを牽引というか引き離しすぎて、もはや肉眼では見えないどこかに行ってしまったのです。

    編集部員 吉岡:BiRod 6G-7500

    180301cpplusmap_14-1
    Photo: ヤマダユウス型

    正直に言うと、僕はカメラに詳しいわけではありません。それでもやはり、さまざまなブースを回るのはワクワクするもの。中でもとりわけ、カメラ初心者の僕をロマンへと誘ってくれたのは、ルミカのBiRodが出展していた最長7.5mという驚異的長さの撮影用ロングウッドです。何本もの長い棒が織り混ざって展示されている様子は、まるで幟がひしめきあう戦国時代のようでした。事実、このロングウッドを使いこなすのは、「戦い」と言っていいかもしれません。

    7.5mという長さは、ドローンが飛ばせない場所でも高所から撮影したい、といったニーズに応える形で実現しました。実際に触らせてもらいましたが、その長さゆえバランスを崩して倒れてしまうのではないか、挙句CP+をめちゃくちゃにしてしまうのではないか、という恐怖心が襲ってきます。ただこれに打ち勝ち、使いこなしたとき、己の人間力がひとつ上の次元へと引き上げられるのではないか、という想いが生まれたのです。

    テクノロジーに頼るのではなく、人間の底力を試してくる、そんな心意気に僕は虜になりました。

    編集部員 山本:ソニー α7 III

    180301_the_camera_we_want_most_in_cpplus_1
    Photo: 武者良太

    このカメラをあげるのは僕で何人目なんだろう…。しかしながら、会場のなかで一番長蛇の列だったのが、ソニーブースのα7 IIIコーナー。これは世間も同じなのですね。

    単にソニーに乗り換えたいっていう個人的な理由を差し引いても、ぶっちぎりで1番欲しいモノでした。α9と同等のフォーカスエリアと強化された瞳AFの組み合わせ、毎秒10枚の連写は「なにこれ、廉価版α9ですか?」という感想です。23万円前後という価格に目がくらんでいる部分も大きいですが、グリップ感/操作感はα7R IIIと同じですし、シャッター切ったときの感触はR IIIよりもドシっときて気持ちいいし、高感度で撮るならこっちのほうがよくない?と思いました。

    とりあえず発売日を見届けて、感度性能を早くみてみたいな。


    Photo: 武者良太, ヤマダユウス型, 照沼健太

    (ギズモード・ジャパン編集部)

      あわせて読みたい

      powered by