2歳児がママのiPhoneを48年ロックする
Image: South China Morning Post

2歳児がママのiPhoneを48年ロックする

  • 48,007

子どもにiPhoneを触らせてる親御さんに猛烈注意喚起!

小さなお子さんを静かにさせる最終兵器といえば、なんといってもスマートフォンです。5歳の息子を持つ私も、たまにですが頼りますね。でも、もしiPhoneやiPadを小さい子どもに触らせるなら、目を離さないことを徹底してください。「パパとママは忙しいから、少しこれで遊んでなさい」なんて目を離したら、次にiPhoneをロック解除できるのは48年後になってしまうかも…。

そんな悲劇が実際に上海で起こったとLadbibleが伝えました。上海に住むある母親が、2歳の息子にiPhoneでYouTubeの教育番組を見せていました。ところが何かの拍子に電源を落としてしまったのか、息子は何度もロック解除しようとしたらしく、ママが気づいたときには「25,114,984分後(=ざっくり48年後)に試してください」というメッセージが表示されていたのです。

180307_chinese_iphone_2
Image: Ladbible

実は、iPhoneのロック解除に失敗し続けると解除できなくなり「x分後に試してください」というメッセージが表示されるようになります。そして、失敗し続けるとこのx分が加算されていくんですね。つまり、この2歳児(魔の2歳児という言葉がぴったり!)は数えきれないくらいロック解除に失敗したということになります。

意図せず「iPhone約48年ロックの刑」になってしまったママさんに話を聞いたSouth China Morning Postによると、彼女は戸惑いを隠せない様子。

40年以上も待てません。40年後にはもう喋れないかも。それか孫に「これはあんたのパパのせいなのよ」って冗談を言うかも。

彼女は修理屋へ持ち込みロック解除を依頼しました(ちなみにこの修理屋は過去に80年ロックを持ち込まれたことがあるそうです)。ところが「リセットしない限りこれを解除することはできないファイルはすべて消去されてしまうよ」と言われてしまいました。

リセットしてもデータをiCloudに保存していればさほど大きな問題ではありません。しかし、このママさんはデータをバックアップしていなかったのです。リセットすれば中にはいっている写真はすべて失います。彼女はどうしても決断できませんでした。

ここで、彼女のミスから私たちが学ぶことはふたつです。

1)子どもにiPhoneを触らせるなら目を話さない

2)データのバックアップは欠かさずに

特に大切な子どもの写真はiCloudだけでなく、グーグルフォトFlickrにもバックアップしておくと良いかもしれませんね。


Image: South China Morning Post, Ladbible
Source: Ladbible


中川真知子

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

こちらもおすすめ