AirPowerでも使いやすく。watchOS 4.3は縦向きナイトスタンドモードや音楽機能強化が目玉

  • 11,456

  • author 塚本直樹
AirPowerでも使いやすく。watchOS 4.3は縦向きナイトスタンドモードや音楽機能強化が目玉

ふと気づいたらナイトスタンドモード。

本日早朝から配布が開始された、Apple Watch用の新OS「watchOS 4.3」。こちらでは縦向きでのナイトスタンドモードの追加や、音楽関連機能の強化が主な変更点となっています。

ナイトスタンドモードでは、シンプルな日付や時間、バッテリー残量だけが表示される目覚まし時計のような画面になるのですが、これまでは横向きでのみこのモードが利用できました。しかしwatchOS 4.3からは縦向きでもナイトスタンドモードが起動可能。たとえば、Appleストアで販売しているBelkinの縦型のApple Watch用充電器に置いた状態でも利用できるんです。

その他にもApple Watchからスマートスピーカー「HomePod」の音量や再生のコントロールが可能だったり、Siri文字盤でアクティビティリング完成に向けての進歩状況、およびApple Musicミックスへの新曲追加の通知が表示されるなどの改善が行なわれています。もちろん、それ以外の細かな改善や修正も行なわれていますよ。

今年はいよいよApple(アップル)純正の充電マット「AirPower」が発売されますが、こちらの上でもナイトスタンドモードはバッチリ動作しそうです。


Image: 塚本直樹
Source: MacRumors

(塚本直樹)

こちらもおすすめ