振って触ってドレミファー。MIDIを操る指輪型コントローラ
Image: Genki Instruments

振って触ってドレミファー。MIDIを操る指輪型コントローラ

エア指揮者を目指したい皆さまへも。

指パッチンしたり、机をトントンと叩いてリズムをとったりしますよね。ハンドクラップも入れるとなると、人間の手や指ってもう楽器じゃないですか。

もっと楽器としての能力を高めてみましょうよ。「Wave」のようなウェアラブルコントローラを使って。

Video: loopop / YouTube

現在Indiegogoでプロジェクト実行中のWaveは、指輪型のMIDIコントローラです。手全体を使ったジェスチャーでコントロールしたり、指先で何かを叩いたり、Waveに備わっている5つのボタンを押すことで、それぞれの動きに応じたMIDI信号を送れます。

Wave-Kid
Image: Genki Instruments

複数のWaveを同時に使うこともデキますよ! 開発陣いわく、5つのWaveの同時利用時にも問題はなかったそうです。テストはMac OSやWindowsの Ableton Live、Logic Pro X、Pro Toolsなどで行なわれました。iOSやandroidでもGarage Band、G-Stomper Rhythmなどとの連携ができます。

家族揃ってWaveをつけて、僕はタンバリン、おかあさんはトライアングル…みたいに楽器音を変えてのセッションも楽しそう。

さてMIDIコントローラというと、音楽演奏専門周辺機器かなと思うかもしれません。いえいえ、実は他の分野でもMIDIは活用されているんです。たとえばVJ照明コントロールなどの現場でも、あると嬉しい1品となっています。

Wave-DJ
Image: Genki Instruments

DJプレイもその1つですね。人差し指でDJコントローラを動かしながら、親指でWaveのボタンを押す、といったことも可能です。

WaveRender-Sideview
Image: Genki Instruments

薄くて細い部分もある作りだから、つけ続けやすいのもWaveの特徴。 お値段はSuper Early Birdなプライスで99ドルからとなっています。


Image: Genki Instruments
Source: Indiegogo

(武者良太)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ