中国のAirbnb、ゲストの個人情報を政府に自動送信する仕様になる。なお、ゲストには一切知らされない模様…
Image: chrisdorney / Shutterstock.com

中国のAirbnb、ゲストの個人情報を政府に自動送信する仕様になる。なお、ゲストには一切知らされない模様…

先日Airbnb Chinaは、法律によりゲストの情報を政府に自動送信するようになると告知しました。

以前はホスト側がゲストのパスポートやその他の旅行情報を中国政府に提示する必要がありましたが、今後はデータは自動送信され、Eメールにもある通り、ゲストには一切知らされません。この新たな方針は3月30日付けで有効になっています。

Bloombergによれば、この方針は中国の法律に従うために必要であったと、Airbnbのスポークスパーソンが発言しています。

中国でビジネスを行なっている会社が全てそうであるように、Airbnb Chinaも中国の法律と規制に従わなければなりません。私たちが送信する情報は、今まで中国のホテルが何十年も集めてきた情報と近いものです。」

Technodeの北京在住レポーターが説明しているように、中国全土のホテルはゲスト情報を記録し、政府のデータベースを管理している地元の警察署に届け出ています。国外からの旅行者は、ホテルやゲストハウスに宿泊しない(寮や知り合いの家族の家などに泊まる)場合でも、到着と同時に地元の役所、または警察署に直接届け出なければなりません。

中国は、手広くて倫理的に怪しい監視システムで、過去一年間メディアに騒がれています。ちゃんとした書類を持たずに旅行する人から赤信号を無視して渡る人にまで顔認識システムが使われ、高度なデータマイニングは犯罪予測に使われています。中国のホストに向けたAirbnb Chinaのメールには、そういった監視の恐怖に触れませんでしたが、もし今回の決定に懸念がある、中国のリスティングから削除したい場合のために、「中国のリスティングを無効にする」というボタンが用意されていたようです。


Image: chrisdorney / Shutterstock.com
Source: Bloomberg, Human Rights Watch, Technode, Residence Registration Procedures for Foreign Citizens

Sidney Fussell - Gizmodo US[原文
(scheme_a)

こちらもおすすめ