フクロウ型AIロボットを宿した自動販売機、爆誕

  • 6,032

  • author ヤマダユウス型
フクロウ型AIロボットを宿した自動販売機、爆誕
Image: 株式会社ハタプロ

近所にあったら通ってしまうかも?

株式会社ハタプロが提供している、フクロウ型AIロボットZUKKU(ズック)が、なぜか自動販売機と融合するそうです。今ここに、猛禽類系AI内蔵自販機が誕生してしまいました。

ZUKKUは缶コーヒー程度のサイズでありながら、自動対応による接客やディスプレイ連携による広告動画の配信なんかもやってのけるマーケティングAIロボット。人物認識センサーを内蔵しており、訪れた顧客のデータ収集やデータの見える化などをやってくれます。

180424zukkujihanki_01
Image: 株式会社ハタプロ

こうしたZUKKUの特性を自販機と組み合わせることで、買いに来た人の年齢や性別に合わせた話題を提供したり、商品の提案なんかをやっていくとのこと。提案自体が購買行動にどう影響を与えるかも、飲料メーカーと協力して実証していくそうですよ。

180424zukkujihanki_03
Image: 株式会社ハタプロ

たとえば中学生男子が買いに来たら、学校や部活の話題を提案して、そこからスポーツ飲料に繋げるとか、そんな感じでしょうか。商品購入も会話のトリガーになるみたいですし、「このMAXコーヒーを飲んで、今日も頑張って下さい」とかいわれたら好きになってしまう感はある。

まずは実証実験として、2018年4月27日(金)よりJR水道橋駅から東京ドームシティ入り口付近に新設される自販機に設置されます。深夜の話し相手に自販機に会くような、そんな未来もあり得るかいな。


Image: 株式会社ハタプロ
Source: PR TIMES, 株式会社ハタプロ

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

powered by