AirPodsケースでスピーカーをワイヤレス化? Appleの新特許が浮上
Image: Peter Kotoff/Shutterstock

AirPodsケースでスピーカーをワイヤレス化? Appleの新特許が浮上

  • 12,395

スマートスピーカーになれるかも?

そう遠くないうちにワイヤレス充電へのアップデートが予定されている(はず)の、ワイヤレスイヤホン「AirPod」のケース。そして新たに判明した特許によれば、Appleはこの「AirPods」のケースをスピーカーのためのメディアレシーバーとして利用しようとしているかもしれないのです。

20180422nair
Image: USPTO

米国特許商標庁(USPTO)に提出された特許「A case for a wireless electronic listening device」の資料によれば、このAirPodのケースはイヤホンを収納して充電するだけでなく、イヤホンで受信した音楽などを有線接続のスピーカーに転送できるというのです。

この特許の実用性についてですが、市場にはすでにLightningコネクタを利用するスピーカーが数多く存在しています。それらはiPhoneを接続して利用するのですが、そのかわりにAirPodsが利用できれば、iPhoneを手元で使えるので利便性はさらに高まることでしょう。

いつものことのように、Appleのようなテック企業が特許を取得したとしても、それが実際に製品化につながるとは限りません。しかし今回の特許は、既存のAirPodsケースにほとんど変更をくわえる必要もなく、簡単に製品化できそうです。

オウチに帰ったらAirPodsケースをスピーカーにポンと置く…。そんな習慣が、いつか当たり前になるかもしれませんね。


Image: Shutterstock, USPTO
Source: Cult of Mac

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ