ヤメテェ…年間60億匹のゴキブリをAIで繁殖させる中国の工場

  • 91,523

  • author satomi
ヤメテェ…年間60億匹のゴキブリをAIで繁殖させる中国の工場
Image: bsd, Waehasman Wardarase, ArtHead/Shutterstock

ごきぶりホイホイのアース製薬研究所の60万匹で驚いてちゃいけない。四川省西昌市にはAI完全制御で年産60億匹以上を誇る世界最大のゴキブリ養殖工場があるんだそうですよ!

その恐怖の実態を南華早報が特集しています。

なんでもスポーツ競技場2個分ほどの面積の2階建てビル内に、世界人口並みのゴキブリがうようよ生息しているらしいのです。管理母体は成都市に本社がある「好医生薬集団(グッドドクター製薬グループ)」とのことですが、これだけの数となると試験用とも思えないし、用途がとても気になりますよね。

ビルの中は通年、「じめじめと温かく暗い」環境に保たれており、水と餌も十分ある環境で、ゴキブリは心おきなく繁殖に励むことができます。繁殖ビルを管理するのは、アルゴリズム制御のスマート養殖システムで、全体の摂食量、気温など80種以上のビッグデータを常時回収し、AIで繁殖を最適化しています。

ゴキブリは一生外には出られません。完全に閉ざされた闇の中で生まれ、育ち、一度も日の目を見ることのないまま生涯を終えます。

十分な大きさに成長すると、機械で潰され、そして…人間の生薬になるんでありますよ。

生薬は「お茶のような色で、やや甘味があり、魚のようなにおい」が特徴です。ゴキブリとはさすがに書けないため、科学の専門用語で表記しています。気になるお値段は100ml瓶2本で50元(約860円)ほど。腹痛や産後の肥立ちなど効能は幅広く、2011年の政府機関紙「公明日報」の記事によれば、この工場から「中国全土4,000以上の病院に納品され、医師の処方で呼吸系、胃腸系、その他の患者400万人以上の病が治癒」され、「通算43億元(約7400万円)を売り上げた」のだとか。今はもっとかもしれませんね。

ちなみにそのときの取材では記者さんが息を止めて入って暗がりにフラッシュライトを向けたら、ものすごい勢いでゴキブリが逃げ、葉がざわめくような音とともに一陣の涼しい風が巻き起こり、「まるで晩秋の竹林のようであった」といいます。

中国政府もスーパーバグ、ゴキブリの効能には大変注目しており、臨床や実験に国家予算をつけたりもしています。山東農業大学のLiu Yusheng教授(山東省昆虫研究協会会長)は2013年の英紙テレグラフからの取材に対し、「ミラクル薬」とまで言っており、だまされたと思って味見する記者の写真も冒頭に出ていますよ。ゴキブリ工場の取材も命がけですのぉ…。

ちなみにこの工場。近くには西昌青山空港もありますので、まかり間違って脱走するとえらいことになると、専門家たちは警鐘を鳴らしています。地震が起きないことを祈るばかりですね。


Image: Shutterstock
Sources: 南華早報 via CNet
Reference: The Telegraph, Nikkei

AJ Dellinger - Gizmodo US [原文]
(satomi)

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ