ラップトップ向け「Core i9」の衝撃。インテルが新プロセッサを発表
Photo: Alex Cranz

ラップトップ向け「Core i9」の衝撃。インテルが新プロセッサを発表

  • 65,532

絶対に強い。

Intel(インテル)のデスクトップ向け最強プロセッサといえば、2017年夏に発表された最大18コア/32スレッドを実装した「Core i9」でしょう。しかしIntelの野望はそれにとどまらず、なんとラップトップ向けとしても「Core i9-8950HK」を発表してしまったのです。

Core i9-8950HKは、i9シリーズとしては初となるCoffee Lakeプラットフォームのプロセッサで、以前の「Skylake-X」「Kaby Lake-X」ベースのCore i9プロセッサとは世代が異なります。前世代のCore i9プロセッサらは小売価格は800ドルから1400ドル(約8万5000円〜15万円)で、対応マザーボードも安くても300ドル(約3万2000円)、メモリやストレージ、グラフィックスカード、ケースなどを同時に購入すれば1500ドル〜2000ドルの出費が必要でした。

ただデスクトップ版Core i9の性能はすばらしく、次に強力なCore i7プロセッサの2倍のコアを搭載していたので、ある意味正当化されていました。一方、ラップトップ版のCore i9-8950HKラップトップ向けの「Core i7-8750H」と同コア数(6コア)で、スペック差は際立つというほどでもなさそうなのです。

でも変わらないというわけではなく、Core i9-8950HKの最高クロックは通常時2.9GHz、Turbo Boost動作時は4.8GHzと、Core i7-8750Hの2.2/4.2GHzと比べて大幅に向上しています。最高クロックの差はこれまでのCore i9プロセッサとCore i7プロセッサの差には見劣りしますが、Core i9-8950HKは公式にオーバークロックが可能なのが最大の特徴でしょう(排熱性能には左右されますが)。

さらにIntelによれば、Core i9-8950HKは同一消費電力時の全体パフォーマンスで第7世代のCore i7よりも29%高速とのこと。また、ゲーム中は秒間フレームレートが41%向上し、4K動画のレンダリングも59%高速だとされています。このプロセッサはAlienwareやMSI、Acerが販売する4000ドル超の最強ゲーミングラップトップに搭載されることになるでしょうが、6コアのCore i7プロセッサと名前を区別するほどの差があるのかどうかは、今後明らかになることでしょう。

なお、Hシリーズプロセッサは今月中にもラップトップに搭載され、出荷される予定ですよ。


Photo: Alex Cranz

Alex Cranz - Gizmodo US[原文
(塚本直樹)

こちらもおすすめ