財布に入るよ。世界で一番使いづらそうなミニミニ・チェスセット

  • author 岡本玄介
財布に入るよ。世界で一番使いづらそうなミニミニ・チェスセット
Image: Shapeways

世界最小のクレカ型チェスだそうです。

たとえば名刺サイズのツールやら薄型ナイフやら、薄くてコンパクトで財布に入る便利グッズっていろいろありますよね。

ではアミューズメントとしても暇潰しとしても優れている、ボードゲームなんてどうでしょう? しかも王道中の王道チェス

InnovoことKiriakos Christodoulouさんが、3Dプリンターで制作したこのミニミニ・チェス。あたかもガンプラのようにランナーに各駒がくっついており、手作業で折ってバラします。あとは駒の脚を盤面に開いた穴に挿せば直立する、超カンタン仕様。

ちなみに注文時には、青だけではなく赤や黄色など10色が選べます。何色にしても駒がすべて同じ色なのですが……半分は真ん中に穴が空いているので、手駒なのか相手の駒なのかは一目瞭然となっています。

気になるお値段は12ドル(約1,300円)。ご注文はShapeways からどうぞ。

しかしとにかく細かい駒なので、パーツをバラしたらなくさないようにしないといけませんね。さすがに王様不在では、始まる前からチェックメイトです。



Image: Shapeways
Source: Shapeways via The Awesomer via facebook
Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by