南極大陸のグリーンハウス(日光・土壌なし)で野菜を初収穫。惑星移住の第一歩になりそう!

  • 8,129

  • author 中川真知子
南極大陸のグリーンハウス(日光・土壌なし)で野菜を初収穫。惑星移住の第一歩になりそう!
Image: DLR German Aerospace Center/Flickr

これで火星でもサラダが食べられるようになる、かも。

氷に覆われ、最低気温マイナス89.2度を記録する南極。そんなに寒いならコケすら生えないんじゃないかと思いますが、なんと野菜が収穫されたんですって! しかも、日光も土壌もない状態で、だそうですよ。

野菜が栽培されたのは、雪景色にたたずむ輸送用コンテナサイズのラボのなか。Quartsによると、初収穫物はハーブ、レタス、ルッコラ、赤大根などで、8ポンド(約3.6キロ)分にもなったそう。

これはGerman Aerospace Centerとともに進める「EDEN-ISS」プロジェクトの一環で、最終的には宇宙ステーションや月、火星といった環境や資源が限られる場所作物を栽培することを目指しているのだとか。

コンテナのなかはこんな感じ。

20180409_yasai1
Image: DLR German Aerospace Center/Flickr
20180409_yasai2
Image: DLR German Aerospace Center/Flickr

日光のかわりにLEDで光を与えています。

20180409_yasai3
Image: DLR German Aerospace Center/Flickr
20180409_yasai4
Image: DLR German Aerospace Center/Flickr
20180409_yasai5
Image: DLR German Aerospace Center/Flickr
20180409_yasai6
Image: DLR German Aerospace Center/Flickr

青々と新鮮そうな野菜の数々。ルッコラ、サラダに入れたら美味しいですよね。バジルっぽいのも見えます。パスタに入れたら最高。

実験室は外から見るとこんな感じ。

20180409_yasai7
Image: DLR German Aerospace Center/Flickr

地球のマークとISSの文字がなんだかSFっぽい。

ところでイーロン・マスクは火星移住計画を全力で進めていますが、いまだに解決すべき問題は多くあります。そのひとつが食料問題。この日光・土壌なし野菜がコストや手間、栄養面を完璧にクリアしたら、火星移住にまた一歩近くのかもしれません。


Image: Flickr
Source: Quarts, Flickr(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7), EDEN-ISS

中川真知子

こちらもおすすめ