将来、iPhoneには「空中ジェスチャー」や「曲面ディスプレイ」が採用される?
Image: leungchopan/Shutterstock

将来、iPhoneには「空中ジェスチャー」や「曲面ディスプレイ」が採用される?

そういえば、昔噂になっていましたね。

昨年発売された「iPhone X」ではホームボタンがなくなるなど、大きな変化がありました。しかしBloombergの報道によれば、なんと将来のiPhoneでは指を浮かせたままの空中ジェスチャー操作や、曲面ディスプレイの採用があるかもしれないんです。

BloombergでApple(アップル)情報を追い続けているMark Gurman記者によると、具体的なシステムとしてはディスプレイが指までの距離を読み取り、ディスプレイに触れずにさまざまな操作が可能になるというもの。なんとも気になる機能ですが、こちらが実装されるのは早くても2020年となるそうです。

iPhoneにはすでに、押した強さで異なる操作が可能な「3D Touch」が実装されていますが、その機能は大いに活用されているとは言い難いのが実際のところ。もしAppleが空中ジェスチャー操作を将来のiPhoneに採用するとすれば、肝心なのはハードウェアよりもそのUI(ユーザーインターフェイス)となりそうです。

そして気になる曲面ディスプレイですが、こちらは本体上部から中央にかけてゆるやかに凹み、また下部で反り返るというバナナのような形状になるんだそう。そんなスマートフォンありえるの!?という声も聞こえてきそうですが、すでにLG(エルジー)は「G Flex」という中央が曲がったスマートフォンを投入しています。有機ELディスプレイなどを活用すれば可能ということはないんでしょうね。なお、こちらも登場までは2〜3年は待つ必要があるそうです。

今回の報道はどちらも計画段階のもので、実際に製品が投入されるかどうかはまったくもって不明です。現在スマートフォン業界は「折りたたみスマートフォン」の実現に向けて全力疾走していますが、そのバリエーションとしてバナナのように曲がったiPhoneが投入される…のかもしれません。

空中ジェスチャーの名前は「AirTouch」かな? それで曲面ディスプレイのiPhoneは「iPhone Q」とか……妄想がはかどります。


Image: Shutterstock
Source: Bloomberg via 9to5Mac

(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ