KDDI、ODGと提携しスマートグラスを企画・開発へ。空港での実証実験も

  • author 塚本直樹
KDDI、ODGと提携しスマートグラスを企画・開発へ。空港での実証実験も
Image: ODG via Windows Central

キーワードは5Gです。

KDDIは2018年4月26日、米ベンチャー企業「ODG」と提携しスマートグラスの企画・開発で戦略的パートナーシップを締結したと発表しました。

ODGとは聞き慣れない方も多いと思いますが、実は古くからメガネ型のスマートグラスの開発に取り組んでおり、なんとNASAとも提携しているんです。またKDDIは次世代通信規格の「5G」時代におけるコミュニケーションを促進するために、「xR(VR・AR・MRの総称)技術」を活用してスマートグラス分野に進出すると発表しています。

そして両社は上画像にもあるODGのスマートグラス「R-9」をベースに、日本人向けのカスタマイズやサポートを行ないます。R-9はQualcomm(クアルコム)製のプロセッサを搭載し、単体での位置トラッキングが可能。AR(拡張現実)やVR(仮想現実)のアプリケーションが利用できます。視野は50度と広く、「THXディスプレイ規格」に準拠した高品質な動画再生も可能です。

さらにKDDIはスマートグラスでのセルラー通信を実現するモデムを開発すべく、Qualcommと検討をすすめるとしています。また6月以降からは複数社と共同の実証実験が始まり、そのうちのJAL(日本航空)では羽田空港国際線ターミナルのサクララウンジ・スカイビューにおける映像視聴体験が行なわれる予定です。こちらの実施は今年の夏を予定。飛び立つ飛行機の機材情報や、行き先がARで表示されたら、それだけで航空ファンは楽しめそうですね!


Image: Windows Central
Source: KDDI

(塚本直樹)

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ