性能もアップ。Nikeのアッパー素材に3Dプリントを用いた新作シューズ「Zoom VaporFly Elite Flyprint」
Image: Nike News

性能もアップ。Nikeのアッパー素材に3Dプリントを用いた新作シューズ「Zoom VaporFly Elite Flyprint」

  • 13,370

靴の進化は記録への挑戦なんだなって。

アディダスに続き、ついにNike(ナイキ)も3Dプリンター技術をスニーカーに採用してきました。厚底ソールで知られるランニングシューズ「Zoom VaporFly Elite」の改良となるそのモデルの名は、「Zoom VaporFly Elite Flyprint」です。

Video: Nike / YouTube

これは、ナイキが開発した3Dプリント技術「Nike Flyprint」を用いた初めてのシューズ。コイル状のTPUフィラメントを巻き戻し、溶けて層状になる固体析出モデリング(Solid Deposit Modeling、SDM)により製造されました。理想的な形状を構成するためにはアスリートのデータが必要ですが、従来よりも16倍も早く作れるとのこと。

180418flyprint_02
Image: Nike News

この3Dプリントテキスタイルにより、改良前の「Zoom VaporFly Elite」と比べて、11gの軽量化に成功。また、交差している繊維同士の摩擦により引っ張る力が強まるため、より足の位置が安定するらしいですよ。

今回のランニングシューズは、ケニアの陸上競技選手エリウド・キプチョゲのために作られました。エリウド選手は「Zoom VaporFly Elite」を履いて2017年9月のベルリンマラソンで優勝しましたが、雨による水分がシューズを重くしたせいで世界記録には届かなかったんです。ならばとNikeが走力、もとい総力を上げて生み出したのが「Nike Flyprint」という新技術なんですね。

180418flyprint_03
Image: Nike News

残念ながら日本でのリリース予定はなく、ロンドンにて限定数販売される見込み。この技術が一般シューズまでやってくる日がくるのかなーきてほしいなー。


Image: Nike News
Source: Nike News, YouTube

ヤマダユウス型

こちらもおすすめ