もうズルできない。歯に貼り付けるセンサーで、食べたものぜーんぶトラッキングする未来

  • 5,428

  • author そうこ
もうズルできない。歯に貼り付けるセンサーで、食べたものぜーんぶトラッキングする未来
Image: Tufts Now

本当にお酒飲んでない? トラッキングデータ見てもいい?

血となり肉となり、私たちの体を作る食べ物。口にするものが、健康を左右するのは当たり前ですよね。だから何を、いつ、どれほど食べているのか、それを正確に把握することができれば、より健康な暮らしを手にいれる手助けとなります。しかし、そのためには自己申告じゃダメなのです。利己的な嘘や人情が入らず、冷酷無比なまでに徹底的に食事を監視してくれる何かが必要なのです。たとえば、歯につけるセンサーとか。

アメリカはマサチューセッツ州にあるタフツ大学の研究チームが、研究開発をしているのは2ミリ×2ミリの小さなセンサー。歯にペタリと貼り付けて使います。試作品は2種類。ひとつはシルクフィルムを使った、酵素や抗毒素に反応して特定の分子を検出するもの。もうひとつは、ハイドロゲルの層を使ったもので、口内の唾液を吸い込み、食べているものによって、そのサイズを変えるという仕組み。このセンサーが読み取った情報は、研究員のスマートフォンなりタブレットなりの専用アプリに無線で飛ばされ、そこから糖分、塩分、アルコールなどを読み取ります。

試作段階の今はまだ、食べたものの量や、素材まではわかりません。しかし、チームを率いるFiorenzo Omenetto氏は「口にするものと健康の関係性を決定づけたい」と意欲的。そのうち、「昨日の昼すぎに食べた半熟オムレツにはいってた鶏ハム、あれ塩分おおすぎたよ」なんて、細かーいことまでわかるようになるのかもしれません。

もうね、人間は健康を追い求めたら、マシンに頼るしかないのですよ。私たちって、自分のに甘いのよ…。目先の欲に負けるのよ…。


Image: Tufts Now
Source: Ars Technica

(そうこ)

あわせて読みたい

powered by