新幹線E6系こまち、H5系はやぶさがモバイルバッテリーとして出発進行

新幹線E6系こまち、H5系はやぶさがモバイルバッテリーとして出発進行

  • 5,242

細部までしっかりと作り込まれてる! 乗降口や行き先方向幕もリアル!

移動中のスマートフォンやタブレットの充電に欠かせないモバイルバッテリー。無味無色なデザインのものも悪くはありませんが、どうせ持ち歩くならちょっと変わったデザインのものが欲しくなりませんか。そう、新幹線車両のような「もちてつ」とか。

Nゲージ車両ほどの大きさで、E6系こまち・H5系はやぶさの場合はバッテリー容量3,200mAh。サイズと重さは、E6系こまちが198mm×26mm×33mm・約85g、H5系はやぶさが197mm×25mm×30mm・約83gです。サイズからするともっと多くの容量を求めたくなりますが、それは野暮ってものかも。

gif
Image: リンクスインターナショナル

大事なのはロマン。使用中は白いヘッドライトが点灯、充電中は赤いヘッドライトが点くなど、 大人が使える鉄道グッズとなっています。そういった細部に至るまで作り込まれたところを愛でるアイテムでもありますからね。

E6H5(4)
Image: リンクスインターナショナル

また両車両のキス、じゃない、連結シーンも再現できます。なお連結したからといってシンカリオンみたいに変形するわけではありません。

E6H5-5
Image: リンクスインターナショナル

出力は1A。なおリンクスインターナショナル扱いのモデルには、microUSBケーブルとmicroUSB-Lightning変換コネクタが付属します。

フェイス扱いの同シリーズには0系、500系、500 TYPE EVA、N700A、E7923ドクターイエローがラインナップ済み。すべてJR各社の承認済みで、作り込みの精度も高いものですよ。


Image: リンクスインターナショナル
Source: リンクスインターナショナル

(武者良太)

あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ