叩いて音が鳴る、だと…? タフでパリピなワイヤレススピーカーXBシリーズに新モデル登場
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

叩いて音が鳴る、だと…? タフでパリピなワイヤレススピーカーXBシリーズに新モデル登場

スピーカーのほうそくがみだれる……!

ソニーのアクティブスピーカーXBシリーズに、新ラインナップ「SRS-XB21」「SRS-XB31」「SRS-XB41」が追加されました。それぞれの旧モデルはXB20、XB30、XB40となっており、サイズごとに正統グレードアップしたという印象です。

180423newxbsperker_02
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

手前からXB21、31、41。このXBシリーズはパリピ度高めなスピーカーとして不思議な人気がありましたが、音もパリピ要素もガッツリ強化されています。音を横と縦方向に拡散しライブのような臨場感を味わえる「ライブサウンドモード」が追加され、スピーカ同士を繋ぐ「パーティーチェーン」機能は、最大100台まで上限がアップしました。前モデルからあったライティング演出もこの通り。

180423newxbsperkerlight
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

数の暴力inライティング。光り方は再生している曲を自動解析しているようで、テンポとのズレはほとんど感じませんでした。パーティ会場で100台整列させて鳴らしてみたいですね。

音質面ではソニーのHG1やHW1でも使われている発泡マイカ振動板(MRC)を使用することで鮮明さをアップ。また、筐体を覆うファブリック素材は、他社の多くが使っているモノフィラ糸は音質悪化に繋がるとのことで、日本製の布をソニー専用に開発。音質に適した仕様で、かつIP67の防塵防水性能+防錆性能もゲットしました。海でもバーベキューでもガンガン使っちゃって下さい。

そして、これがすごいっていうかワケがわからないんですが、このスピーカー、叩くと音が出ます。「パーティーブースター」という機能らしいのですが、こんな感じ。

前面、左右側面、底面、天面の5カ所それぞれに、アプリから15種類の効果音をアサインできるんです。この仕様を見た時は「最高かよ」と思ったんですけど、どうですか。音楽を流しながらスネアやクラップを合わせても良いし、普通(?)に打楽器サンプラーとして使っても良しです。ベロシティは弱・強の2段階ですが、そもそも叩いて音が鳴ること自体がおかしいんだよなぁ。いいぞもっとやれ。

180423newxbsperker_03
Photo: ギズモード・ジャパン編集部

かように、己が道を行ってたXBシリーズは、もっと己が道を行くように進化しました。価格は「SRS-XB21」が1万3000円、「SRS-XB31」は1万9000円、「SRS-XB41」は2万4000円。発売日はすべて2018年5月12日です。行楽のお供に、このスピーカーはまっちがいなく楽しいと思う。


Photo: ギズモード・ジャパン編集部

ヤマダユウス型

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

こちらもおすすめ