PHS、2020年7月に実質終了へ…。一般向けプランの提供終了
Image: ABIT

PHS、2020年7月に実質終了へ…。一般向けプランの提供終了

  • 5,515

とうとうこの日が…。

PHSといえば、学生時代のコミュニケーションツールとして使ったことがある方も多いかもしれません。じつは私もそのひとり。そんなPHSについて、とうとう2020年7月末をもってすべての料金プランなどの提供を終了するとソフトバンクが発表しました。

現在はソフトバンク傘下のワイモバイルブランドで提供されているPHSサービス。しかし2020年7月からは「テレメタリングプラン」を除くすべての料金プラン、各種サービス、オプションなどが終了します。なお、テレメタリング契約者回線では「PIAFS通信」「みなし音声」「パケット通信」のみが利用継続できる予定です。

1995年から始まったPHSサービスは、携帯電話にくらべて通話料が安く、また端末も小型でオシャレだったために多くの若者が所有していた記憶があります。一方、エイトビットからは据え置き型電話風のPHS「イエデンワ(画像はイエデンワ2)」がリリースされるなど、コアなユーザーの心も掴んで離さない魅力がありました。

しかし現在は国際的にもPHSサービスの提供は終了を迎え、携帯電話が当たり前なご時世に。日本でも20年以上愛用されてきたPHSサービスですが、2020年7月で幕を下ろすこととなるのです。

なお、詳細な終了日時については追って発表されるそうですよ。



Image: ABIT
Source: ソフトバンク

(塚本直樹)


あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ