これからどうなる? 軍用ヘリコプターも自動運転に
Image: Aurora Flight Sciences

これからどうなる? 軍用ヘリコプターも自動運転に

もう止められないんですねぇ。

ボーイング傘下のAurora Flight Sciencesという企業が開発している自動運転ヘリコプターが、米海兵隊の実戦訓練に初めて参加しました。Project MAVENなどといったソフトウェアだけではなく、ハードウェアの自動化もどんどんと戦場に迫ってきているみたいです。

訓練内容としては「A地点からB地点まで荷物を届ける」というシンプルなものなのですが、その際に自動運転ヘリAACUSがが使用できたのは搭載されたセンサー類とコンピューターのみというのが驚き。いくら高度なセンサーとアルゴリズムがあるからって、GPSに頼らずとも飛行できてしまうのは凄すぎる気がします。

しかも、飛行だけじゃなくて着地も自動でやってのけるらしいですよ。たとえ着地点の地形データがなくても、その場が「危険なコンディション」でも、自動的に着地する場所を選択するのです。いやはや、流石の軍用クオリティーですね。

今回はBell UH-1Hというヘリコプターに搭載されていた訳ですが、AACUSは他のヘリコプターにも対応する可能性があります。Auroraは今回のヘリのことを「AACUSが有効になったUH-1H」と呼んでいるので、別の機種でも有効にできるのかもしれないのです。

モジュール式にしてしまえばどんなヘリにでもつけられて便利、というのはわかるのですが、戦闘ヘリも簡単に自動化できるというのは怖いかも。

あんまり張り切らないで欲しいなぁ。


Image: Aurora Flight Sciences
Source: Aurora Flight Sciences via engadget

(西谷茂リチャード)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ