AI、スパイになる

  • author そうこ
AI、スパイになる

目には目を、コンピューターにはコンピューターを。

人工知能やロボットによって、人間の職業がなくなるなんていいますけど、まさか「スパイ」もAIに取って代わられるなんてね。

先日、フロリダ州で開催されたとあるカンファレンスでは、CIAのテクノロジー開発を担当するDawn Meyerriecksさんが諜報員としての人工知能について語りました。CIAといえば、アメリカのスパイ機関です。でもね、今の時代、もう人間じゃスパイやっていけなくなってるんですって。

カンファレンス後、CNNの取材に応じたMeyerriecksさん。いわく、ソーシャルメディアひしめく現代のデジタル社会では、案件に応じた偽キャラを作りあげて諜報員が活動するのには無理があるとのこと。昔ながらの偽書類に、偽ID、話し上手の嘘上手のスパイが通じるのは、対人間の場合だけ。コンピューターの目を欺くのは並大抵のことではありません。ならば、どうすればいいか。人間スパイは諦めて、こちらもコンピューターに頼るのです。必要なのは情報ですから、なるほど人工知能のほうがスパイに向いているっちゃ向いているのでしょう。

人工知能スパイは、何も最近始まった話ではありません。1984年の政府関連書類には、すでに人工知能を諜報活動に利用していくことが記されていました。

人工知能が完全に取って代われば、色気で迫るスパイや、スパイと知らずに恋に落ちてしまうお姫様なんてドラマはなくなってしまいますね。まぁ、ドラマが欲しければ、これもまたAIがいいやつ書いてくれる日も、そう遠くないんでしょうね。


Image: Viktor Gladkov/Shutterstock.com
Source: TNW, CNN

(そうこ)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ