片頭痛のための予防薬がアメリカで承認される。でもとても高価になりそう…

  • 7,779

  • author 岩田リョウコ
片頭痛のための予防薬がアメリカで承認される。でもとても高価になりそう…
Image: inewsfoto/Shutterstock.com

偏頭痛持ちにとっては超朗報!

片頭痛を予防する薬が、アメリカ食品医薬品局(FDA)で認可されました。ところで片頭痛っていきなりくるし、月に何回って予想できないものですよね。もしかしたら1回も来ないかもしれない。この予防薬、はたしてどれくらいの効果が期待できて、どれくらいのお値段なんでしょうか?

Aimovig」と呼ばれる片頭痛予防薬は、アメリカのAmgen(アムジェン)とスイスのNovartis(ノバルティス)によって共同開発されたもので、片頭痛を誘発するカルシトニン遺伝子タンパク質の活動をブロックする抗生物質を利用した薬です。

本薬は、認可を受けるにあたって3本の臨床試験がおこなわれました。結果、片頭痛持ちの患者の症状が1か月あたり平均1〜2.5日短くなったそうです。副作用もなし!

この薬は大きな影響を持つでしょう。これは私の患者たちにとっても偏頭痛の患者を持つ神経科医にとっても素晴らしいことです

こう話すのは、医師で片頭痛のスペシャリストのAmaal Starling(アマオール・スターリング)さん。

普通の頭痛よりも痛みをともない、さらには長く続く片頭痛。慢性的な片頭痛を持つ人は、全人口の10%と言われています。女性は男性より3倍も片頭痛持ちが多く、高齢者や身体障害者はより片頭痛が多いんだそう。片頭痛が起こる原因はいまだに不明ですが、食べ物やストレスが引き金になるともいわれています。

薬局で購入できる頭痛薬や処方箋の薬、また頭への血の流れを制限するボトックスなどで、少しは痛みを和らげることもできますが、痛みの原因を止めることにはならないんですよね。強い薬を飲むと副作用もありますし。市販の薬で抑えようとすると、さらに片頭痛がひどくなってしまうようなケースもあります。

この新薬の抗生物質はしばらく体の中に残るため、月に1度の摂取でオッケーです。また、投与方法は注射なんだそう。気になるのはお値段なんですが、1年で6,900ドル、日本円にして約75万5000円です。ひょえー。月に6万3000円ですか。保険でカバーされるかもしれませんが、なかなかのお値段ですね。

でも、毎月くる痛みのせいで仕事に行けなくなったり、日常生活に大きな支障をきたす人にとっては、保険によっては安いくらいなのかもしれません。


Image: inewsfoto/Shutterstock.com
Source: FDA, New York Times

Ed Cara - Gizmodo US[原文
(岩田リョウコ)

あわせて読みたい

powered by