iOS 13はiPadに焦点を当てたアップデートに? ファイルアプリが刷新されるかも
Image: wutzkohphoto / Shutterstock.com

iOS 13はiPadに焦点を当てたアップデートに? ファイルアプリが刷新されるかも

  • 21,319

ますます便利に。

iPadといえば昔は大きなiPhoneのような使い心地でしたが、最近は独自機能やApple Pencilが使えるなど、かなり便利になっています。海外情報によれば、来年リリースされる「iOS 13」はiPadに焦点を当てたアップデートになるそうなんです。

この情報をもたらしたのは、現在はBloombergで働いているマーク・ガーマン(Mark Gurman)記者。彼のツイートによると、iOS 13は「コードネーム:Yukon」として開発されており、「ファイル」アプリが刷新されるとしています。

ファイルアプリはファイルマネージャーアプリとして「iOS 11」にて登場したもの。アップデートでは、macOSのFinderのようにアプリのタブ表示も可能になるとしています。そして同一アプリの画面分割起動もできるとのこと。例えばオフィスアプリを2つ起動して内容を推敲したり、マップを見比べたり…ということができるかもしれません。

実は以前に、今年登場する「iOS 12」は安定性を重視したアップデートで「主要な機能刷新はiOS 13に持ち越される」との報道もありました。一方で、最大の目玉となるiOSアプリがmacOSでも動作する「クロスプラットフォーム機能」の導入されています。

iOS 13の配布時期は例年通りなら2019年秋…ということでもう少し先です。


Image: wutzkohphoto / Shutterstock.com
Source: MacRumors

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ