大ケガで死亡してしまう確率が高い血液型

  • 70,713

  • author 岩田リョウコ
大ケガで死亡してしまう確率が高い血液型

誰にでも血液をわけてあげられるオールマイティな血液型が…。

日本では自分の血液型をほとんどの人が知っていますが、外国では「血液型、何型?」と聞くと「血液型? 知ってるわけないじゃーん!」と笑われたりします。でも、やっぱり自分の血液型は知っていたほうがよさそうです。性格判断とか相性占いとかにも使えますけど、血液型によっては大ケガで生きるか死ぬかをわける大ごとになるかもしれません。

東京医科歯科大の研究チームが発表した論文によると、血液型によって、大ケガで死亡する割合が変わってくるらしいのです。2013年から2016年までに大ケガを負って救急に搬送された900名以上の患者データを分析した結果、救命を施したにも関わらず亡くなってしまった患者の死亡率はO型が28%、ほかの血液型は11%でした。O型の人、えらいこっちゃです。

東京医科歯科大学の高山渉特任助教はこのように話しています。

最新の研究によると、O型の人は大量出血のリスクが高いことがわかっています。
重傷を負った患者の大量出血は死に繋がってしまうものですが、血液型と外傷死の関係についてはあまり詳しいことがわかっていなかったので、血液型と死亡率の関係を探ってみることにしました

そもそも血液型というのは、赤血球の正面にある抗原の型のこと。現在確認されている抗原って、実は600もあるんだそうです。抗原は、両親から受け継いだ抗原の組み合わせで血液型が決まり、大きく35の血液グループにわけることができます。よく聞くのがABO式血液型やRh式などですね。これによって分類されたO型の人たちが、出血による死亡率が高いわけですが、その原因ははっきりとはわかっていません。ただ、研究チームによれば「O型は血が固まりにくいという性質があるため、大量出血の止血がしにくいのかも」と考えられているそうです。

もちろんO型以外の血液型もそれぞれ特有の問題があります。O型以外の血液型は出血で死んでしまうということが少ないかもしれませんが、固まった血液が血管で詰まってしまい、血流を止めたりすることもあるんだそう。

ちなみに日本のO型のパーセンテージは全体の30%くらいですが、アメリカでは45%がO型なんですって。結構多めですね。O型のみなさん、ケガで血が出たときはこれからちょっと気をつけるようにしてください。


Image: Bart Sadowski/Shutterstock.com
Source: Critical Care

Ed Cara - Gizmodo US[原文
(岩田リョウコ)

    あわせて読みたい

    powered by