ボストン・ダイナミクスのAtlas君、外をランニングして障害物をジャンプで避ける
Image: BostonDynamics/YouTube

ボストン・ダイナミクスのAtlas君、外をランニングして障害物をジャンプで避ける

  • 25,534

朝飯前に、軽く一汗流すかのよう。

かつて華麗なバク宙を披露した、Boston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)の二足歩行ロボット「Atlas」君。

あれから運動性能が向上し、今度は山野をランニングできるようになりました。地面に転がった丸太だって、ヨイショ!っとジャンプで跳び越します。

平坦ではない地面を、自立歩行でここまで進めるのは今のところ彼だけではないでしょうか?

Video: BostonDynamics/YouTube

これまでイジワル人間にジャマされまくり、せっかくのお披露目で舞台に上がったのにズッコケて落っこちたりと、苦難の道を歩まされていたAtlas君。でも厳しい修行が実を結び、こうした能力を開花させたのです。

これまでを知っていると、なんだか感慨深いものがありますよね。このままどんどん進化していけば、いつかロケットパンチやブレストファイヤーなんかも出せるようになるかもしれません。

「SpotMini」も新技をお披露目

そしてAmazonのCEOジェフ・ベゾスとお散歩していた犬型ロボ「SpotMini」も、最新映像が登場しました。ナビゲーション・マップに従い、リアルタイムで録り込んだヴィジュアルから周囲の障害物を回避しつつ社内を散歩します。

Video: BostonDynamics/YouTube

ドタドタと階段を登る様がまた微笑ましいですね。しかも降りるのはお尻からという新たな芸を見せてくれました。

「SpotMini」は一度、社内のあらゆる所をマニュアルで歩かせています。それにより、前後左右に搭載されたカメラから得た情報で自ら地図を作成しているのです。まるで生きものが自然にやっているようなことを、機械式にマネしているんですね。

ちなみに社内の柱などに貼られたQRコードは、ロボットに指示を与えるのではなくパフォーマンス性能を計測するためのものだそうです。おそらくA地点からB地点までの、距離と時間をロボットに記録させるマーカーみたいなものかな?と思います。

これを見ていると、我が家の中もウロチョロしてて欲しいなぁーなんて思ってしまいました。いつか「MiniSpotMini」としてぜひとも市販化を!!


Image: YouTube
Source: YouTube(1, 2) via engadget

岡本玄介

こちらもおすすめ