SF映画に出てきそうな、タマゴ型のチェアスピーカー

  • 6,135

  • author 岡本玄介
SF映画に出てきそうな、タマゴ型のチェアスピーカー
Image: Audio Heart

臨場感スゴそうです。

昭和の人たちが思い描いた未来ガジェットのような卵型のチェアースピーカーVRS-1が、オーディオハートより登場します。

普通のスピーカーだと音が分散されてしまいますが、これに座ると自分に向けて周りから音のシャワーを浴びるような形になりますね。

アンプは搭載しておらず別途繋げる必要があります。ですがスピーカーはDolby Atmosの11.2chで、フロントのL/Rとセンターが8cm径の2ウェイ。そしてセンターは左右に配置する仮想センター方式。サラウンドは5cmユニットで、サイドL/R、リアL/R、天井×4の合計8基を搭載しています。最大出力は各100Wとなっています。

20180510_speaker_chair
Image: Audio Heart

ウーファーは広いダイナミックレンジのアルミコーンと、ハイレゾ帯域を再現するツイーターが搭載。再生帯域は16Hz~55KHz(-10dB)。くわえて16cm径、150Wのサブウーファーが左右にもあり、超低共振周波数設計が採用されています。

幅は995mm、奥行きは1,080mm、そして高さは1,340mm。ちょっと場所を取るうえに重さが93kgもあるので、どこに置くか決めておかないと移動が大変そうです。それにお値段が設置別で98万円となかなかのプライス。予算も確保しておかないといけませんね。

ですがこの椅子にゆったり座って、ゲームや映画に没頭するとプライスレスな体験ができそうです。VRコンテンツも臨場感がハンパないでしょうし、ホワイトノイズを流しながら仕事に集中するもよし、波の音を聞きながら居眠りするのもアリでしょうね。


Image: Audio Heart
Source: AV Watch, Audio Heart

岡本玄介

    あわせて読みたい

    powered by