注目は三眼スマホ「HUAWEI P20 Pro」と独自音声アシスタント「my daiz」! ドコモの夏向け商品発表イベントに行ってきた

  • 7,489

  • author ヤマダユウス型
注目は三眼スマホ「HUAWEI P20 Pro」と独自音声アシスタント「my daiz」! ドコモの夏向け商品発表イベントに行ってきた
Photo: ギズモード・ジャパン

日本の夏、スマホの夏。

NTTドコモの2018年夏向け商品ラインナップの発表会が行なわれました。発表されたのは11の新機種と、いくつかの新サービスです。

発表会ではスマホ以外の要素も多くて、AIという単語が何度も出てたのはちょっと意外なところ。ドコモ×AIの未来は、かなり面白いことになるのではと感じましたよ。

20180516gizmodo_docomo_DSC_0186
Photo: 岩沢みどり

吉澤社長より、まずはじめに発表されたのは「my daiz(マイ デイズ)」なる新サービス。「マイデイズ」がウェイクワードとなるAIアシスタントで、対話のほかユーザーの行動を先読みし、天気予報やルート案内などを提案をしてくれます。

簡単に言ってしまえばdocomo版alexa的な感じです。デモでは、カレンダーに設定している結婚記念日にmy daizからプレゼントの提案があり、そこからパートナー連携している高島屋での商品検索まで実現していました。my daizは、スマートスピーカーへの搭載も考えてるとのこと。

Video: ギズモード・ジャパン/YouTube

ウェイクワードも変更できるので、「ギズモード」で起動するようにしてみました。そのまま音声検索も試してみました。楽しいし賢いぞ、この子!

FinTechへの取り組みにも触れ、新たなサービスとしてdポイントを使った投資や、新サービス「THEO+ docomo(テオプラス ドコモ)」を発表。手軽かつ簡単に投資が楽しめるサービスとして、投資家の谷家衛さんによる資産運用方法も紹介されました。数百円から始められるので、気持ち的にもラクですね。

というわけで、ここからはスマホのタッチアンドトライへ。

HUAWEI P20 Pro

20180516gizmodo_docomo_CSC_0404
Photo: 岩沢みどり

ドコモ限定販売のP20 Proは、もう全部入りも全部入り。ライカレンズのトリプル積みにAIプロセッサー、防水機能、おサイフケータイ、そして4,000mAhのバッテリーですよ。ぼくのかんがえたさいきょう感ですよ。

20180516gizmodo_docomo_IMG_0844
Photo: ギズモード・ジャパン

実物を見て気になったところといえば、フラッグシップらしさをかもし出すボディ塗装が、かなーりギンギラギンなところでしょうか。ゴージャスさはあるけど、照明の反射がハンパなくて、かなり撮影に手間取りました……。写真は綺麗に撮れるけど、このスマホ自体を撮影するのは難しいという陽炎のようなサムシング。

発売日は、2018年6月下旬。

Xperia XZ2 / Xperia XZ2 Premium / Xperia XZ2 Compact

20180516gizmodo_docomo_2_IMG_0712
Photo: ギズモード・ジャパン

Xperia3兄弟ッ! 左からXperia XZ2 Compact、普通のXZ2Premiumです。Compactは、3台の中では一番厚みがあるんですが、持ち心地が素晴らしく良くて。ギュっと握れるこのサイズ感は、すごく取り回しやすいと思いますよ。いやー、絶妙なサイズです。

20180517gizmodo_docomo_IMG_0740_2
Photo: ギズモード・ジャパン

Premiumの強みは、暗所での動画撮影。これからの季節だと夜のお祭りや花火大会なんかが捗りどころでしょう。ライブチャットブームで動画撮影ニーズもぐんぐん来てますし、そろそろ静止画の次も見えてきた?

発売日は、Xperia XZ2が2018年5月下旬、Premiumが2018年夏頃、Compactが6月下旬。

Galaxy S9 / Galaxy S9+

20180516gizmodo_docomo_DSC_0304
Photo: 岩沢みどり
左:Galaxy S9 、右:Galaxy S9+

今年2月に華々しく発表された、Galaxy S9S9+。AMOLEDによる美しいディスプレイはまさに引き込まれる感じで、ラウンドしたベゼルと相まって、指で触る快感みたいなのがあります。

S9+はドコモスマホ最大のF値1.5を実現してるんですけど、周辺環境に合わせて自動で絞りがF2.4へと絞られるというユニーク機構がありまして。絞りが変化する様子を撮影してみました。

180516docomo_s9
Photo: ヤマダユウス型

二眼の上の方のレンズに注目です。動いてるの、わかりますか? 暗いところではF値1.5に、風景撮影時にはキュっと絞られるというワケですね。マニュアルでも動かせるので、いよいよ一眼レフじみてきましたなぁ。

発売日は、二台とも2018年5月18日(金)。

LG Style

20180516gizmodo_docomo_IMG_0997
Photo: ギズモード・ジャパン

あれ、なんかこれもすごく持ちやすい……。昔のアンドロイドを想起させるというか、ディスプレイも本体デザインも、すごくフラットです。本体の角やディスプレイの四隅がラウンドしてるので、全体的にまろっとした優しいオーラが出てますね。docomo with対象で、お財布にも優しい。

発売日は、2018年6月下旬。

AQUOS R2

20180516gizmodo_docomo_IMG_0947_2
Photo: ギズモード・ジャパン

二眼カメラで動画撮影中に静止画撮影ができるAQUOS R2。面白いのはその静止画撮影が、手動のほかにAIが自動で撮影してくれる「AIライブシャッター」なんてのもあるんです。人物なら笑顔の瞬間、風景なら理想的な構図やコントラストを判断して撮影してくれるとのこと。プロの写真を機械学習することで実現したそうですよ。

発売日は、2018年6月上旬。

TOUGHBOOK

20180516gizmodo_docomo_IMG_1033
Photo: ギズモード・ジャパン

現場のためのスマホということなんですけど、電池を変えられるって発想がもう強すぎるし、1,000回コンクリに落としてもいいとか毎日落としても3年かかるっていう。この突き抜けたタフネスさ、ありがたい人も多いでしょう。アウトドアにも良いかも。

発売日は、2018年夏頃。

arrows Be

20180516gizmodo_docomo_DSC_0134
Photo: 岩沢みどり

ネタ写真ではなく、水洗いできるスマホということで、ハンドソープの泡を浴びせるデモンストレーションなんです。液剤直接は危ないですけど、泡立てればハンドソープだけでなく洗剤もイケるので、汚れたらダイレクト洗浄できちゃうスマホです。清潔さを求めるアナタに。

発売日は、2018年5月下旬。

dtab Compact

20180517gizmodo_docomo
Photo: ギズモード・ジャパン

デュアルレンズ搭載の防水タブレットです。目玉機能は、指を使ったジェスチャー操作です。この機能が楽しすぎました。わりと雑にセッティングしてもしっかり指のジェスチャーを認識してくれますし、ドラッグ&ドロップもできるんです。ページのスクロールもできるので、料理中やお菓子を食べてる時など、画面に触れたくない時に役立つと思いますよ。なにより魔法っぽい操作が楽しい!

DOME GLASS

こちらはスマホではないのですが、湾曲したディスプレイにも美しく保護フィルムが貼れるというもの。韓国発の技術で、ドコモが国内での販売ライセンスを取得しました。やり方がなんか、すごかったです。

180516docomo_domeglass
Photo: ヤマダユウス型

ガイドにスマホを設置→ディスプレイに液体のりを垂らす→フィルムをディスプレイの上に乗せる→フィルムを吸着させる→UV照射でのりを硬化させるという流れなんですけど、専用の枠とかフィルムをくっつける瞬間とか、何かとセンセーショナルでした。ドコモショップでやってもらえるそうで、お値段は5,500円〜6,000円くらいになるとのこと(お店によって異なる)。

Video: docomoOfficial/YouTube

個性豊かなスマホたちに、ユーザー体験をアップデートする音声アシスタント。今夏のドコモは、はたから見ても気合い十分に感じられました。あぁ、スマホの夏がやってくる。


Photo: 岩沢みどり, ギズモード・ジャパン
Source: NTTドコモ

ヤマダユウス型

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ