DNAテスト会社に犬のDNAを送ってみたら悲しくも予想通りの結果に
Photo: David Locke (Flickr)

DNAテスト会社に犬のDNAを送ってみたら悲しくも予想通りの結果に

  • 55,750

どうもです、ワンさん。

犬は人類の最良の友といいます。最近の研究では、遺伝子レベルで人間との類似点が指摘されることも。とはいえ人間と犬は姿を見れば分かるように、DNAは大きく違います。なので人間と犬を区別するのはそう難しくは無い...はずでした。ところがNBCシカゴが試しに犬のDNAを複数のDNAテスト・サービスに送ってみたところ、そのほとんどが人間のDNAではないことを検知したものの、「Orig3n」という一社は人間のDNAだと解釈して通常の分析結果を送り返してきたそうです。

アメリカだけでなく世界中で人気を呼んでいるDNA分析サービスですが、これがどれだけ正確なのかを調査するためにNBCシカゴは今回の実験を行なったとのこと。送ったのはBaileyと名付けられたゴールデンレトリーバーのDNAです。Orig3nはDNA情報を元にして消費者に食生活や運動に関するアドバイスを提供するサービスを提供しているのですが、BaileyのDNAが犬であることを検知できず、ヒトのユーザーに提供するのと同様の食生活や運動に関するアドバイスを送ってきました(そもそも”ライフスタイル”系のDNA分析テストは役に立たないのですが...)。

今回の実験で犬とヒトを区別できなかったのがOrig3nだったのは、実は驚きではありません。というのもOrig3nは昨年、適切な研究施設許可証を持たずにテスト運営をしているのではないかと連邦政府から法的な調査を受けているんです。プロのスポーツ・イベントにブースを出して試合を観戦に来たファンたちに無料のDNAテストを提供する、といったプロモーションを積極的に行なっていて、いくつかの種類のテストを提供しています。Baileyが受けたのは「力」「知性」そして「スピード」を分析してくれる「スーパーヒーロー」テストです(29ドル・約3100円)。そして次のような結果が届きました。

(Orig3n)は7ページにも及ぶレポートを送ってきました。そこには、Baileyの筋力はボクシングやバスケットボールといった素早い動きに最適であり、長距離走や自転車走行に向いている心拍出力を持っています。

やったね、Bailey!です。またテスト結果は「パーソナル・トレイナーと一緒に筋トレをすること」を勧めていたようです。犬にパーソナル・トレイナーは新しいですね。

Orig3nはNBCシカゴにも、米Gizmodoからの問い合わせにも応えていません。

しかしポジティブな点としては、他のDNAテスト・サービスは送ったDNAがヒトの物ではないことをちゃんと検知したことでしょう。お金を払ってテストを受ける消費者としては、「これがもしも科学的根拠の無い詐欺ビジネスだったらどうしよう」という不安があるものです。

でももう安心。今なら(ほぼ)確実に自分が犬ではないことを証明できることが分かっています。これからはヒトとしての細かい遺伝子分析がどれほど信憑性があるのか…さらなる調査を待ちたいと思います。


Image: David Locke/Flickr
Source: NBC Chicago

Kristen V. Brown - Gizmodo US[原文
(塚本 紺)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ