イーロン・マスクの火炎放射器が「お届け専用車」で2週間後に発送スタートです

イーロン・マスクの火炎放射器が「お届け専用車」で2週間後に発送スタートです

  • 5,996

現実世界で一番トニー・スタークに近い男(映画版のモデルにもなったらしい)、イーロン・マスクがトンネル掘削会社ザ・ボーリング・カンパニーでなぜか売り始めた火炎放射器が、あと2週間ぐらいで発送開始になると発表されました。

こちらは火炎放射器で遊んでるイーロン・マスクの映像。『マス・エフェクト』の銃みたいなSFなデザインから原始的な文明の光を放つ火炎放射器。これぞ未来のガジェットだぜ!

我々が想像する一般的な火炎放射器に比べると、射程が短いタイプでどちらかというとデカいバーナーという趣。ですが、他プロダクトの追随を許さないスマートさがありますね。

1本500ドル(送料別、約5万5000円)の火炎放射器が、500万ドル(約5億5000万円)相当売れるというバカ売れっぷりも話題になりましたが、問題だったのはその配送方法。

公式サイトでの製品名も「火炎放射器じゃないやつ(Not-A-Flamethrower)」にすることで、火炎放射器じゃない=危険物じゃないよと問題の解決を試みたようですが、どうやら流石にデカいプロパンのタンクがついた火炎放射器を普通の商品のように送り届けるのは困難だったようで、今まで発送されていませんでした。

Image: The Boring Company/YouTube

しかし、ボーリング・カンパニーのイベントで行なわれた発表によれば、火炎放射器お届け専用バンを用意してその問題をクリアしたんだそう! よって、2週間以内に発送を開始するとのことです。火炎放射器お届け専用バン、一体どんな見た目なのか……想像するだけで面白い。

火力より以上にネタ力が強いけど、未来のエッジを生きたい我々としてはちょっと欲しくなってしまう火炎放射器。もうちょっと炎が弱くてもいいので日本でも買えないかなぁ……なんならハンズオンレビューしてみたい!


Image: The Boring Company
Source: YouTube, The Boring Company, Instagram

傭兵ペンギン

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ