窓ガラスに映る景色を振動で伝えるデバイス「aedo」をFordが開発中。目の不自由な方も風景が楽しめるようになりそう

  • author 岡本玄介
窓ガラスに映る景色を振動で伝えるデバイス「aedo」をFordが開発中。目の不自由な方も風景が楽しめるようになりそう
Image: Ford Europe

風景を触ることで見るのです。

目の不自由な方が何かを見る場合、それは聴覚を使った音の反響や触覚に頼る点字があります。ほかには携帯電話で受信する時のように、振動も使えます。

そこに着目した自動車メーカーのFord(フォード)が、窓ガラスに写る景色を、色の階調に応じた振動で知らせる新デバイス「aedo」を開発しています。

Video: Ford Europe/YouTube

「aedo」はボタンを押して景色の写真を撮影すると、それをグレースケール画像として保存します。そしてその白から黒までの色合いを、255種類の振動で表現し、特殊なLEDを使った窓ガラスを触ると風景を“触る”ことができるのです。さらにはオンラインで人工知能とも接続し、音声でその景色を説明することも可能です。

フォード・イタリーの広報Marco Alù Saffi氏は、この技術を以下のように紹介しています。

私たちは人々の暮らしをより良いものにしようと探求しています。そしてこれは、目の不自由な同乗者たちに運転のイメージを体験してもらえるよう手助けができる、素晴らしい機会となります。先進点な技術を使っていますが、コンセプトは単純です。平凡な旅が、本当に想い出深いものになりえるのです

まったく新しい試みですが、目の不自由な方は、こうした振動をどのように頭の中でビジュアルとして再構築するのか? そんな部分も気になります。

将来的には、タブレット端末のように持ち歩ける「aedo」が出たらもっと便利になりそうですね。


Image: Ford Europe
Source: YouTube via Ford Europe

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by