サボる生徒をチクるAI。中国の高校で「生徒監視システム」が採用される

  • 12,156

  • author 湯木進悟
サボる生徒をチクるAI。中国の高校で「生徒監視システム」が採用される

監視されるのが当たり前…。

どこにでも防犯カメラがあって、だれがいつ何をしているのか、すべてカメラの向こう側に筒抜け! そんな監視社会は、いまや中国ではSFの世界ではなく、日常生活の現実と化しています。

電車の駅でも空港でも、顔認証でセキュリティチェックを受け、必要とあらば、何万人も集うコンサート会場でも個人を特定できてしまうんですから。

もはやプライバシーもなにもあったものではありませんけど、それは大人の社会の話だけではありません。このほどThe Telegraphの報じたところでは、杭州(Hangzhou)の高校にて、教室の黒板の上に3台の監視カメラを設置。同校で「スマートアイ」と呼ばれるシステムによって、授業中の高校生をリアルタイムにAIで分析し、不真面目な生徒たちをあぶりだす制度の運用が開始したそうですよ~。

スマートアイがとらえた授業中の教室内の高校生たちの顔は、AIによる感情分析にかけられます。もし、授業にあまり集中できていない生徒がいれば、教壇の先生にだれが授業を聞いていないかを通知。すぐに先生が注意をして、生徒の授業態度の改善を促すという仕組みなんだとか。逆に、AIによって授業態度が常に良いとの判断が下されれば、その生徒の成績に加点されるとのことです。

さすがにこれはやりすぎでは? 国家権力によって監視されることに慣れている中国内でも、一部の人たちから批判も出てきているスマートアイ。しかしながら、学校側は「教室内にアシスタントの先生がつくのとなんら変わりはない」として、夏休みまでに全教室への配備を進めたい考えまで明らかにしているそうです。

そのうち、監視されていないと落ち着かない、自由が不快に感じられる社会にさえなっていくのかもしれませんね…。


Image: Viktoria Roy / Shutterstock.com
Source: The Telegraph

(湯木進悟)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ