「HTC U12+」正式発表。前後合計4カメラを搭載で、握って操作の新機能も!

  • 13,936

  • author 塚本直樹
「HTC U12+」正式発表。前後合計4カメラを搭載で、握って操作の新機能も!
Image: HTC

見た目もなかなかクール!

他社に若干遅れましたが、HTCからも最新Androidスマートフォン「HTC U12+」が発表されました! 最新スペックを突っ込んだ本体は、左右ベゼルレスディスプレイや前後にデュアルカメラを搭載するなど、今時のスマートフォンとしてまったく見劣りしない出来栄えです。

Video: HTC/YouTube

HTC U12+は縦横比18:9の6インチ/QHD解像度のSuperLCD6ディスプレイを搭載。こちらは左右ベゼルレスかつ、ノッチのないスッキリとしたデザイン。さらにHDR10をサポートしており、HDRに対応した動画など美しい表示を楽しめます。搭載プロセッサはSnapdragon 845でRAMは6GB、内蔵ストレージは64/128GB。OSは現時点でAndroid Oreo、バッテリー容量は3,500mAhで、本体下部にUSB Type-Cポートを搭載しIP68の防塵・防水性も達成しています。

背面には1200万画素+1600万画素のデュアルカメラを搭載。メインの1200万画素カメラはF値1.75で、UltraPixel技術を採用し、光学手ブレ補正も効きます。また1600万画素カメラではズーム撮影だけでなくポートレート撮影や撮影後の「ボケ」の調整に利用されます。そして前面にも800万画素カメラを2つ搭載し、セルフィーでの特殊効果やウルトラワイド撮影が楽しめます。

htc_20180524
Image: HTC

背面には指紋認証センサーを搭載。またサイドのボタンは感圧式となっており、「Edge Sense 2」によるグリップ操作が可能です。また、触覚のフィードバックを得ることができるんだそう。こちらのEdge Sense 2ではどの手で握っているのかを判断しつつ、握る操作で写真や動画を撮影したり、マップのズーム操作などが可能です。

本体カラーバリエーションは、「リキッド・メタル」「セラミック・ブラック」「フレーム・レッド」の3色。リキッド・メタルでは背面が透けて内部パーツが見えるデザインが採用されています。そして気になるお値段は、64GBモデルが799ドル(約8万8000円)。あら、どこかお得感がありますね。HTC U12+は6月よりアンロックバージョンがウェブサイトとAmazon(アマゾン)などのECサイトで販売される予定です。


Image: HTC
Source: HTC, 9to5Google

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by