今年のiPhone、充電時間はさらに短くなるかもしれません
Image: Apple

今年のiPhone、充電時間はさらに短くなるかもしれません

  • 32,716

確かにそろそろ…いいですよね?

今年のiPhoneは付属の電源アダプターがリニューアル。高速充電に対応したUSB-C出力のアダプターに変更されるかも?といった説が浮上してきました。

充电头网によると、次期iPhoneはUSB-Cで大電力を供給できるUSB-PD(USB Power Delivery)をサポート。最大18Wでの充電が可能になるとのことですよ。

既存のiPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plusも高速充電に対応していますが、「Apple 29W61W87W USB-C」アダプタと、「USB-C - Lightning ケーブル」の2つのアクセサリーが別途必要。と、なんともモニョるパッケージでがっかりしたのですが、この噂が真実だとすれば、標準で高速充電対応化されるというわけですね!

ちなみに、29WのアダプタとUSB-C - Lightning ケーブルでiPhone Xを充電すると、ちょうど2時間ほどで0から100%になります。

180503ipk00
Image: 充电头网

こちらがその次期標準電源アダプタと言われる図面。

これまでの標準アダプターから、かなり異なる見た目になりそうですね。今のiPhone標準の5W電源アダプタって、もうジュラ紀の地層から発掘されてもおかしくないくらい過去のものですし、今やUSB-Cという新しい規格もかなり一般化されました。そう考えると遅すぎるくらい…ですよね。

タダの噂にとどまらず、これは絶対にお願いしたいところです。


Image: Apple, 充电头网
Source: 充电头网 via 気になる、記になる…

(小暮ひさのり)

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ