2019年モデルのiPhoneはトリプルレンズ搭載?

  • 10,548

  • author 塚本直樹
2019年モデルのiPhoneはトリプルレンズ搭載?

3Dセンシングが気になります。

Huawei(ファーウェイ)の「P20 Pro」が実現した、トリプルカメラシステム。海外の報道によれば、2019年モデルのiPhoneもこのトリプルレンズカメラを採用し、さらに3Dセンシングや拡張ズームが可能になるというのです。

台湾紙の経済日報によると、このトリプルレンズカメラは立体視を利用して3Dセンシングを実現するとドイツ証券のJialin Luアナリストが報告しているそう。これにより、iPhoneから対象物までの距離がわかることになります。また、AR(拡張現実)などへの応用もありそうですね!

さらに、トリプルレンズカメラはより高倍率な光学ズームの実現を可能にするかもしれません。現行モデルの「iPhone X」や「iPhone 8 Plus」の光学ズームは2倍、一方のP20 Proなどでは3倍ズームが可能なことを考えれば、2019年モデルのiPhoneでも3倍の光学ズームが可能になると考えるのが自然でしょう。

2019年モデルのiPhoneについては以前にも、バークレイズ(英銀)のアナリストがレーザーによる3Dセンシング機能の搭載を予測していました。個人的にはレーザー照射とトリプルレンズカメラのどちらもありうると思いますが、カメラ性能のアップグレードを考えればトリプルカメラを搭載してほしいのが正直なところです。

その他にも、Taipei Timesのアナリストも2019年モデルのiPhoneへのトリプルカメラの搭載を報告しています。2019年は折りたたみスマートフォンの投入が予測されていますが、トリプルカメラの搭載も大きなムーブメントとなりそうな予感です。



Image: iDrop News
Source: 経済日報 via MacRumors

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by