Essential Phoneが日本でも買えるように

  • 35,187

  • author 金本太郎
Essential Phoneが日本でも買えるように
Image: Essential

もうこのデザインに新鮮みはないのが残念…。

Androdの生みの親とされるアンディ・ルービン氏が手がけたハイエンド・スマートフォン「Essential Phone」。1年ほど前に海外で発売され、日本でも発売されるという話がそれとなくささやかれていましたが、このたびEssentialが日本への発送を開始します。

記事公開時点では、Essentialの日本語サイトからは購入できませんが、英語のサイトから配送先を日本に設定でき、購入可能。価格は499ドルで、日本円にすると約5万5000円です。これまで海外のAmazonや、輸入業者から購入することもできましたが、正規のルートで技適を取得したEssential Phoneが買えるのは今回が初めてとなります。

Essential Phoneのボディはチタンセラミックでできており、iPhone X以上に攻めたベゼルレス・ディスプレイです。中のチップもSnapdragon 835+4GB RAMと、リッチなパーツをふんだんに使った、至高のAndroidとも言える端末です。

リリース当時は「カメラがいまいちだね…」などと言われていましたが、そこはアップデートで対応済み。GoogleのPixelが日本未登場のいま、Androidのリファレンス機として大注目のスマホですよ!

デザイン最高だけどカメラはいまいち…。Essential Phoneレビュー

はいはい、触ってみました「Essential Phone (PH-1)」。今のスマホデザインのダメなところを正すスマホ。チタン&セラミック採用で、.....

https://www.gizmodo.jp/2017/09/essential-phone.html

「Essential Phone」にカメラ機能を大幅改善するアップデートが配信

どれくらい改善されたのかな?Androidの父ことアンディ・ルービン氏の会社が開発し、固定化したAndroidスマートフォン市場を引っ掻き回すこと...

https://www.gizmodo.jp/2017/10/essential-phone-camera.html

2018年5月2日 10:45訂正:Essential Phoneは有機ELディスプレイとしておりましたが、正しくは液晶ディスプレイでした。お詫びして訂正させていただきます。


Image: Essential
Source: Essential(1, 2

(金本太郎)

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ