NASAが火星の上空写真を撮影するヘリコプターを開発中

  • author 岡本玄介
NASAが火星の上空写真を撮影するヘリコプターを開発中
Image: NASA Jet Propulsion Laboratory/YouTube

2020年7月に出発!

惑星探査機というと、これまでは車輪がついて地表を練り歩くものでした。ですがこれからは、空飛ぶ相棒が一緒になりそうです。

それが、NASAが開発中のマーズ・ヘリコプター。これだと地表で撮った写真だけに留まらず、地上から見下ろした航空写真を撮影することができます。そして探査機は、それらのデータを受信する役目も担うのです。

ではマーズ・ヘリコプターが飛ぶイメージ映像をご覧ください。

Video: NASA Jet Propulsion Laboratory/YouTube

イマドキのドローンに見られるクワッドコプター(4枚プロペラ)ではなく、2枚の二重反転式ローターなんですね。これはラジコンへリで多く採用されている形式で、自立安定性に優れています。

マーズ・ヘリコプターはNASAから遠隔操作するみたいです。大気が薄い火星なので、はるか遠く離れた地球から操るなんて勝手が違いそうですが……どこまで飛ばせるんでしょうかね?

ソフトボール大の機体を持つマーズ・ヘリコプター。重さはたった1.8kgほどで、羽の回転数は地球のヘリコプターの10倍にあたる3,000 rpm。JPLのミミ・アウンさんによると、これは火星の大気が地球の1%ほどなので、地球でいうと地上約30km上空と同じくらいの条件だからとのこと。

ヘリは探査機に積まれて地上に降り立ってから、充電が完了すると飛べるようになります。これで火星に存在しているかもしれない生命や、エイリアンの痕跡などを見つけられるかもしれません。


Image: YouTube
Source: YouTube via ubergizmo, NASA

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by