あなたなら何を選ぶ? AIが「いいもの」として描かれている映画3選
Image: Mugendai(無限大)

あなたなら何を選ぶ? AIが「いいもの」として描かれている映画3選

  • Mugendai

映画じゃないけど「ナイトライダー」かな。

人の仕事を奪う」「やがて支配される」など、進歩的すぎるからか、ついネガティブなイメージもつきまとってしまう、AI。識者によっても意見はさまざまですし、ある意味仕方のないことなのかもしれません。

そんなAIは、映画の中でも多く取り上げられるテーマの一つです。有名どころでは、「2001年宇宙の旅」や「ターミネーター」などでAI(ロボット)が人間にとっての脅威として描かれていますよね。

一方で、AIが「いいもの」として描かれている映画って、どのくらいあるのでしょうか。言われてみれば確かに思い浮かばないって感じがしますが、IBMのWebメディアMugendai(無限大)にて、3つの候補が挙げられていましたよ。

『ベイマックス』

『アイアンマン』

『her/世界でひとつの彼女』

どれも著名な作品のため、すべて鑑賞したという方も多いかと思いますが、これら作品のようにAIと良い関係を築ければ理想ですよね。

またコンピュータに関連した映画という意味では、2016年に公開され大ヒットした「ドリーム」が記憶に新しいところです。本作には、IBMのメインフレーム・コンピューターである「IBM 7090 DPS」が登場しますが、Mugendai(無限大)ではその裏話なども掲載されています。ご興味のある方はぜひご覧ください。


Image: Mugendai(無限大)
Source: Mugendai(無限大)
©2016 Twentieth Century Fox

(渡邊徹則)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ