まばたきで失われた10%を記録してくれるウェアラブルカメラ

  • author ヤマダユウス型
まばたきで失われた10%を記録してくれるウェアラブルカメラ
Image: Digital Media Bremen

よかった、ちゃんと世界は機能してる。

成人は1日で約2万8000回のまばたきをするんだとか。まばたきにかかる時間は1秒未満ですが、覚醒している時間のおよそ10%は目をつむっている計算になるそうですよ。

その10%の起きながら寝てるあいだ、世界ではどんなことが起きているのか。米Gizmodoによると、まばたきをしている間だけ映像を録画するウェアラブルゴーグル「Augenblick」を、ブレーメン大学の学生が開発したと報じています。

20180514gizmodo_wearable_records_2
Image: Digital Media Bremen

実際に録画された映像がこちら。Underworldの「Born Slippy Nuxx」がマッチしそうな、いわば秒間隔のビデオタイムラプスです。変哲のない映像ですけど、世界がこうなってるとき、装着者には見えていないんですよね。世界5分前仮説じゃないですけど、見えていないあいだの世界がこういうかたちで証明されるのは、ちょっとエモい。

180514augenblick_03
Image: Digital Media Bremen

テック的な仕組みは、センサーが目の周囲の筋肉収縮を検知して、目を閉じているあいだだけ録画をトリガーし、開くとストップするというもの。Instagramや『Tik Tok』の動画撮影みたいなイメージですね。押してる間だけ記録するっていう。これも一種のモンタージュなんでしょうか。

人は70歳まで生きるとしたら、およそ5億回まばたきするらしく、時間にすると4年半くらい目をつむってることになるそうな。見えてるようで見えてない瞬間が、いっぱいあるんだろうなぁ。


Image: Digital Media Bremen
Source: Gizmodo US, Digital Media Bremen

ヤマダユウス型

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ