WWDC 2018の会場設営スタート。マッケナリーが着々とイベント仕様に

  • author 塚本直樹
WWDC 2018の会場設営スタート。マッケナリーが着々とイベント仕様に
Image: Aaron Stephenson/Twitter

祭りの初夏がやってくる!

2018年6月5日午前2時(日本時間)から開催される、Appleの開発者向け会議WWDC 2018。その舞台となるマッケンナリー・コンベンション・センターで、いよいよ会場設営が始まったようですよ!

カリフォルニア州サンノゼ近くにあるイベント会場では、外壁にWWDC 2018のデコレーションが施されています。複数の重機が作業し、歩道にもなにやらカバーが掛けられていますね。イベント開催までもう1週間もありませんから、ここから急ピッチで会場の施工を仕上げていくのでしょう。

こちらは、別角度からとらえたイベント会場。角材のような資材が持ち込まれていることが確認できます。詳細は不明ですが、ステージ回りの設備に使われるんでしょうか?

WWDCは開発者向けの会議とは銘打たれていますが、今年も「新型iPad Pro」や「新型MacBook」などハードウェアの発表が期待されています。もしかするとサプライズで、廉価版HomePodやBeatsブランドのスマートスピーカーが登場するかもしれません。そうそう、ギズモードでもイベントの模様をリアルタイム更新しますよ! お見逃しなく!


Image: Aaron Stephenson/Twitter
Source: MacRumors

(塚本直樹)

こちらもおすすめ