部屋にびっしり埋め込んでみたい…ドクロ型スピーカー「AeroSkull HD+」

  • author 岡本玄介
部屋にびっしり埋め込んでみたい…ドクロ型スピーカー「AeroSkull HD+」
Image: MODERNITY

脳天にスマホをブっ刺します。

死の象徴でもあり、ファッションではカッコ良かったりポップだったりするドクロ。フランスのデザイン・オーディオ・ブランドMusic Lifeは、スカルヘッドなBluetoothスピーカー「AeroSkullHD+」を作りました。日本では、6月1日から発売が開始されるようです。

Music Lifeは、エレクトロミュージックの先駆者Jean Michel Jarreと、Music Life Companyによって2005年に創業。現代的なシンプルスタイルと究極のパフォーマンスを具現化する、最先端テクノロジーを搭載したライフスタイル製品をデザイン/開発しているブランドです。

AeroSkull HD+の総出力は120W。正面のサングラスがフロントスピーカーになっています。迫力のあるサウンドを再生しつつ、後頭部には低音を再現するサブウーファーを搭載した2.1チャンネルシステム。高音質で圧縮率低めのコーデック「aptX」をサポートし、高音質のBluetooth音声ストリーミングが可能です。

Lightningドックも備え、3.5mmのライン接続もOK。Bluetooth機能を持つデジタル・デバイスや、一般的なオーディオ機器もTVとも接続が簡単です。そしてその際には、2台の「AeroSkull HD+」をTrue Wirelessで接続し、ステレオ再生によって最高のパフォ-マンスが発揮されます。

180531_skullspeaker3
Image: MODERNITY

色はマットブラック/クロームブラック/クロームシルバーの3種類をご用意。ギンギラギンにさりげないシルバーなら『ターミネーター』みたいですし、マットブラックも存在感があります。スタッズやスワロフスキーをくっつけたり、サングラスに目玉を描くなどのカスタマイズもアリですね。価格は税別9万円、予算たっぷりなイベントなどで大活躍の予感。

どうせなので壁一面にビッシリ埋め込んで、チェコ共和国のセドレツ納骨堂みたいにしたらどうでしょう?


Image: MODERNITY
Source: MODERNITY

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by